ノースリーブをスッキリ着こなすズボラ二の腕トレーニング法



目次[非表示]

  1. 1.ハタチを過ぎたのにつきまとう二の腕の「振袖」
  2. 2.低負荷のトレーニングでも筋肉に効かせるコツって?
  3. 3.運動嫌いさんの味方!EMSでズボラ筋トレ
  4. 4.二の腕のお肉をEMS×キャビテーションで徹底ケア!


ハタチを過ぎたのにつきまとう二の腕の「振袖」



特に太っているわけじゃないのに「二の腕にたっぷりついたお肉が気になる…」という女性は多いのではないでしょうか。ノースリーブを着るとたくましく見える、腕を動かすとお肉が振袖のようにタプタプ揺れる…など、悩ましいですよね。


二の腕の印象を左右するのは、腕の後ろ側にある「上腕三頭筋」。前側にある上腕二頭筋は物を持ち上げるときに使いますが、三頭筋は日常生活であまり使う機会がありません。


普段使わないからこそ、トレーニングで効果が出やすいのも上腕三頭筋の特徴です。夏に向けて、すっきり引き締まった印象の二の腕を目指しましょう。


低負荷のトレーニングでも筋肉に効かせるコツって?



上腕三頭筋のトレーニングとしておすすめなのが腕立て伏せです。通常の腕立て伏せができなくても大丈夫。ひざをついて上半身を床に近づける、低負荷バージョンの腕立て伏せでも効果的です。上腕三頭筋や大胸筋といった上半身の筋肉を、効率よく鍛えることができますよ。


低負荷でもしっかり効かせるには、ひざから首までまっすぐに伸ばし、わきは締めて行うのがポイント。「キツい」と感じるまで継続すれば、通常の腕立て伏せと同じくらいの効果が期待できます。「15回やるのが限界」という負荷で行うとよいでしょう。


それでも「キツい運動は続けられそうにない」「夏までに間に合うのか心配」…という人は、美容家電を取り入れる手もあります!


運動嫌いさんの味方!EMSでズボラ筋トレ



エクササイズ器具などで「EMS」という名前を目にしたことはありますか?EMSとは、電気刺激を与えることで筋肉をトレーニングできる機能のこと。気になる部位に当てるだけで、キツい運動をしなくても「ながら」でトレーニングできます。


さらに、二の腕についてしまった余分なお肉をケアするには「キャビテーション」にも注目。パワフルな超音波を当ててお肉を振動させる、エステでよく行われている手技です。


ヤーマンの『キャビスパ360』なら、エステティシャンの手技「スライドドレナージュ*」も再現しながらケアできますよ。


二の腕のお肉をEMS×キャビテーションで徹底ケア!


ヤーマン キャビスパ360

34,000円(税別)


ヤーマンの『キャビスパ360』はEMS、キャビテーション、スライドドレナージュ*の機能を1台に集約したボディケアマシン。お肉が気になる二の腕やわき腹、太ももなど全身360度に使うことができます。手軽に使える小型サイズ、防水仕様・充電式で、お風呂をはじめいつでもどこでも使えるのも魅力です。


●2つのモードを搭載した独自EMS

トントンと筋肉を叩くような刺激でトレーニングする「エクサモード」と、ギューっと筋肉をもみ流すようにケアする「セルケアモード」を搭載。部位やコンディションに合わせてボディケアできます。


さらに、EMS波形を顔用にカスタマイズした「フェイスモード」で、フェイスラインや首のトリートメントにも使えます。


●業務用機器に使われる本格キャビテーション

エステでも人気のキャビテーション機能を搭載。業務用マシンに使われる330kHzの出力で、身体の気になる部分にパワフルにアプローチします。


●肌を押し流すスライドドレナージュ*

人間工学に基づいて開発されたスティック型の本体が、丸みを帯びた女性のラインにフィット。肌の上を滑らせてエステティシャンの手技のようなスライドドレナージュ*を再現します。筋肉のこわばりをケアし、美しいボディラインに。


蒸し暑い夏は、ノースリーブで涼しげな装いを楽しみたいもの。気になる部位は『キャビスパ360』でしっかり手軽にケアしませんか?




*エステサロンの手技のこと


監修:スキンケア大学