ショウガで温活!体を温めるためのショウガの摂り方とは

冷え性対策グッズといえばショウガ!とにかく様々な商品に使われていて、目にする機会も多いですよね。
なんとなく体を温める効果は知っていても、詳しくそのメカニズムを知っている方は少ないのではないでしょうか?

 

ショウガで温活!体を温めるためのショウガの摂り方とは

 

 

ショウガにあるパワー

ショウガは紀元前500年には、すでに薬として中国で活用されていました。
ショウガオールという体を温める成分と、ジンゲロールという免疫力をアップする成分があります。
ジンゲロールは生のショウガに存在し、これを加熱したり乾燥することでショウガオールに変化します。
どちらの成分を摂取したいかによって、ショウガを使い分ける必要がありますね。

ショウガには他にも、咳を鎮め痰を摂る作用、消化を良くして胃腸を助けてくれる効果、抗炎症作用など様々な効果・効能が存在します。
目的に合わせて、ショウガの摂取の仕方を変えてあげるようにしましょう。
殺菌作用や解熱作用、風邪予防にショウガを使いたいのであれば、生のすりおろしショウガを食べてください。
ジンゲロールは空気に触れて3分ほどで減ってしまうので、食べる直前にすりおろすのがポイントです。

 

体を温めるためのショウガの摂り方

温活のためには、乾燥もしくは加熱したショウガを摂るようにしましょう。
ショウガオールは、血行を促進して体の芯から温める効果があります。
生姜湯やジンジャーティーなど、ホットドリンクで身体に入れてあげれば、じんわりと体が温まってくれますよ!
ジンジャーティーの作り方はとても簡単で、ショウガ一片をすりおろし、紅茶に入れてあげるだけです。
はちみつを入れてあげれば、ほんのりとした甘みで飲みやすくなります。

ショウガオールは100度を超えると破壊されるという特徴があるので、料理に使う際には温度に気をつけましょう。
すりおろしであれば小さじ1杯、スライスは10g程度が一日の目安です。
効果が高いからといって食べ過ぎると、下痢や胃腸の不調を引き起こすので注意してくださいね。

 

まとめ

ショウガには、体を温める以外にもたくさんの効果・効能がありましたね。
特に、風の引き初めにはぜひ活用してほしい食材です。
市販のチューブや粉末タイプを使えば、わざわざすりおろさずに済むので、手軽にショウガを使うことができます。
ぜひ一度、自宅でショウガを使った飲み物や料理を作ってみてください。

この内容で送信します。よろしいですか?