その乾燥は入浴が原因?粉吹き肌と半身浴の関係

いつもお風呂には何分つかりますか?
健康や美容のために、じっくりと半身浴をしている女性は多いですよね。
しかし、その入浴方法が乾燥・粉吹き肌の原因になっているかもしれません!
半身浴と乾燥肌の関係について、詳しくチェックしてみましょう。
 

その乾燥は入浴が原因?粉吹き肌と半身浴の関係

 

半身浴は乾燥と密接な関係が?!

半身浴で長風呂をし、体を芯からあたためる.....。
半身浴をしている方の多くが、こういった考えを持っているのではないでしょうか?

しかし、長風呂は美肌にとってマイナスな行為なんです!
肌に存在するセラミドは、保湿成分として私たちの肌の潤いをキープしています。
長風呂をしてしまうと、皮膚からセラミドが流れてしまい、肌の内側から水分が出て行ってしまいます。
お風呂の蒸気で肌が潤いそうですが、むしろ逆に内側から水分がなくなっているので、長風呂は美肌にとってNGな習慣になってしまいます。

また、熱いお湯に入ることも、肌の乾燥へつながる原因になります。
肌表面の必要な油分が流れてしまい、ヒスタミンというかゆみの原因物質が出てしまいます。
乾燥しやすい肌になるだけではなく、かゆみが生じて肌を掻いてしまう可能性があるので、肌へのダメージが大きいです。

 

粉吹き肌におすすめの入浴方法

まずはお湯の温度を見直しましょう。
38~40度のぬるま湯につかるようにして、長くても15分程度に止めるようにしてください。
先ほど紹介したように、入浴時はセラミドが流れやすいので、セラミド入りの入浴剤を使ってみるのもおすすめです。
肌がふやけた状態だと、いつも以上に刺激に弱くなっているので、体を洗う際には優しく洗うよう気をつけましょう。
肌のことを考えるとサッと入浴を済ませるのが理想で、入浴後のお肌ケアを特に重点的におこなってあげるのが大切です。
お風呂上りのケアを怠ると、皮膚の水分量が入浴前よりも減ってしまうと言われています。
10分以内にケアをするのがポイントなので、お風呂上りにはのんびりと過ごすのではなく、先に保湿ケアを済ませてあげましょう。
体が濡れているうちに、ボディークリームやオイルを全身に塗って、水分が外に逃げないようにします。
そうすれば、肌のセラミドが流れることなく、潤いをキープすることができますよ。

 

まとめ

入浴が肌の乾燥と関係しているなんて盲点でしたね!
毎日長く半身浴をしている人は、それだけでも肌にダメージを与えてしまっています。
今の入浴方法を見直して、肌に優しい入浴を心がけるようにしてくださいね。

この内容で送信します。よろしいですか?