足やかかとの乾燥・粉吹き肌の治し方とは?

潤いのある肌は、美脚にとって重要なポイント。
どんなに足のラインがきれいでも、乾燥して粉吹き肌になっていると印象が悪いですよね!
足やかかとの乾燥を改善するには、何を行えばいいのでしょうか?
今回は、足の乾燥の原因と治し方を紹介します。

 

足やかかとの乾燥・粉吹き肌の治し方とは?

 

足の乾燥の原因

そもそも手足は顔に比べ皮脂腺が少なく、乾燥しやすい部位になります。
その一方で、顔のスキンケアはしっかり行っていても、足の保湿ケアを年中おこなっている人は少ないです。
表皮の水分を閉じ込める皮脂の量が少ないので、それを補ってあげなければ乾燥をしてしまいます。

ムダ毛処理も乾燥の原因の一因です。
女性であれば多くの人がムダ毛処理をおこなっていますよね?
カミソリなどで足のムダ毛を除去した後、何かケアをおこなっていますか?
カミソリは肌の表面に刃物をあてて削っているので、肌への負担が大きいです。
ムダ毛処理後のケアをおこなっていない人は、足が乾燥しやすくなってしまいますよ!

また、すねやかかとは、服や靴などで摩擦を受けやすい部位です。
肌を保護する角質層は、摩擦の刺激でダメージを受けることで、保護機能が低下します。
そうすると肌が本来持っている水分が、外に蒸発してしまい、乾燥へとつながります。
足の乾燥といっても様々な原因があるので、それぞれしっかりと対策をおこなっていきましょう。

 

足の乾燥の治し方

まずは保湿ケアをしっかりとおこないます。
顔のスキンケア同様に、足にも保湿クリームやオイルを塗るようにしてください。
保湿効果のある入浴剤やボディーソープを使ってみるのも、いいかもしれませんね。
足のムダ毛処理の際には、専用のフォームを使ってカミソリダメージを軽減させたり、処理後の保湿ケアを忘れないようにしましょう。

摩擦ダメージを与えてしまう衣服も対策が必要です。
化学繊維や合成繊維などの素材ではなく、綿などの柔らかい素材を使った刺激の少ない衣服を選んでください。
肌にぴったりと密着するストッキングやタイツは、特にこだわって選ぶのがおすすめですよ。

かかとは乾燥が酷くなるとカチカチになってしまい、保湿だけではどうしようもないという状態になってしまう場合も多いです。
そういった時は、まず固まってしまった古い角質を除去してあげてください。
スクラブや軽石を使えば、角質をスムーズに落とすことができます。
角質を落としすぎると逆効果になるので、固いからといってやりすぎないように要注意です。
角質ケアのあとには、保湿をしっかりとしてください。