冬の粉吹き肌対策は?冬はなぜ乾燥するの?

冬は誰もが乾燥に苦しむ季節。目元や口周り、脚や腕などが白く粉吹き肌になり、見た目が気になることが増えてきますよね。
どうして冬に乾燥をしやすくなるのでしょうか?その原因と対策についてご紹介します。。

 

冬の粉吹き肌対策は?冬はなぜ乾燥するの?

 

冬の空気は水分が少ない?気温も肌に影響を?!

冬は他に季節に比べると乾燥していて、湿度は30~50%ほどになります。
湿度が50%以下になると、他から水分を取ろうとしてしまい、皮膚から水分を取っていき結果として肌が乾燥します。
同じ日本でも、場所によって空気の湿度は変わります。日本海側から太平洋に空気が来る際、水分がほとんどなくなると言われています。
そのため、一般的に太平洋側の方が、空気が乾燥しやすいです。太平洋側に住んでいる人は要注意ですね!

また、もと空気の乾燥に加え、この季節には暖房器具が使われます。
ガスストーブや電気ストーブ、エアコンなどを使えば、それだけ空気が乾燥しやすくなってしまいます。
肌のためにも、暖房器具を使う時には何かしらの対策を取るのがおすすめです。

気温の低下も、実は肌の乾燥と密接な関係があります。
気温が下がると人間の身体は、血管を収縮させて体温が逃げないようにする働きがあります。
そのため、肌表面には血液が行き渡りにくくなります。
血液には、細胞に栄養や酸素を供給役割があるため、血流が悪くなることで、肌へ栄養が届けられなくなり状態が悪くなります。
こうなってしまうと、肌本来の機能が低下するので、乾燥しやすい肌質になってしまうのです。

 

粉吹き肌にはどんな対策を取ればいいの?

まずはとにかく保湿ケアをおこなってあげましょう。
基礎化粧品やボディークリームなど、冬場はいつも以上に保湿力があるものを選んでください。
また、洗顔料やボディーソープの種類を見直し、皮脂が残るようなマイルドなものを使うことも効果的です。

冷えにも気をつけるようにします。すでに紹介したように、冷えは肌の乾燥の原因の一つです。
全身の血の巡りが良くなるように、生姜などの身体が温まる食材を使ったドリンクなどを飲んであげましょう。
そうすれば、乾燥対策はもちろんツラい冷えの改善にも繋がります。

最後に、部屋の空気の乾燥を軽減するために、加湿器を使うようにしましょう。
部屋の湿度は、50~60度をキープすることがポイントになってきます。
湿度をキープすれば、乾燥対策だけではなく、風邪などの病気の予防にもつながりますよね。
最近ではアロマを使って香りを楽しめる商品もあるので、自分にぴったりの加湿器を見つけてくださいね。