導入美顔器の必需品!ビタミンc誘導体とは

ビタミンcといえば、美肌効果が高い成分として知られていますよね。
ビタミンc誘導体という言葉をよく耳にしますが、ビタミンcとビタミンc誘導体にはどういった違いがあるのでしょうか?

 

 

 

ビタミンc誘導体とは

ビタミンcは、抗酸化作用や美白効果の高い成分です。
しかしその一方で壊れやすいという性質があるため、化粧水などのコスメに使ったとしても効果があまりないという欠点がありました。

ビタミンc誘導体は、そんなビタミンcを安定させるために人工的に改良をして作った成分になります。
ビタミンcを誘導体化させているため、壊れることもなく安定しています。
皮膚内に入り込んでからビタミンcに変化するという仕組みです。

ビタミンc誘導体といっても1種類というわけではなく、水溶性と油溶性、両方の性質をもった3つのタイプが存在します。
水溶性は皮膚に吸収されやすいため、美容液などに使われることが多いです。油溶性はクリームなどに使われています。
こういった3つのビタミンc誘導体が開発されたことで、私たちはビタミンcを肌に浸透させることができるようになりました。

 

ビタミンc誘導体に期待できる効果

ビタミンc誘導体には、抗酸化作用や美白効果、皮脂量のコントロールなどの効果があります。
またそれだけではなく、種類によっては真皮にまで届き、コラーゲン生成を促す効果も期待できます。
美白だけではなく、たるみやシワなどのエイジングサイン改善にも効果的ですよ!
 

イオン導入美顔器と組み合わせると?

そんな様々なメリットのあるビタミンc誘導体ですが、イオン導入美顔器との相性が非常に良いと言われています。
ビタミンc誘導体はイオン導入に適した成分になっているため、より効果的に肌に浸透をさせることができます。

イオン導入美顔器は、電流を流すことで肌の電極をマイナスに変えます。
同じようにマイナスの成分を導入してあげれば、お互いに反発しあい離れようとして、そのまま肌の内側に浸透するという仕組みです。
そのため、マイナスの性質をもつビタミンc誘導体は、イオン導入美顔器との相性がとても良いです。

コットンや手で塗布したときに比べ、30~100倍の浸透にアップするため、肌の奥までしっかりとビタミンc誘導体を届けることができます。
使用時に注意してほしいのが、ビタミンc誘導体の種類です。
油溶性はイオン化されにくいため、水溶性のものを選ぶようにしましょう。

この内容で送信します。よろしいですか?