秋に起こる肌のごわつきの理由は?改善のポイント

暑い日々が落ち着き、過ごしやすい気候になる秋には、食にスポーツ、観光など様々な楽しみがあります。そんなこの季節、メイクをしていてなんだか肌がごわついていると感じることはありませんか?
肌がごわついてしまうと、肌触りだけではなくメイクのノリも悪くなってしまいますよね。どうして秋には肌がごわついてしまうのでしょうか?

 

 

肌がごわつく原因

肌にはターンオーバーとよばれるサイクルがあり、約28日周期で肌が生まれ変わります。
そのため、このターンオーバーが乱れてしまうと、うまく肌の生まれ変わりが行われず、肌がごわついてしまいます。
夏は強い日差しをたくさん浴びているため、肌が紫外線のダメージを受けています。
過剰に生成されたメラニンを含む角質がそのまま残ってしまい、肌全体をくすませてしまうことも....。

また、空気が乾燥している季節なので、肌がその影響を受けて乾燥しやすくなります。
乾燥をしていると皮膚の表面がカサカサとしてしまうため、肌のゴワツキにつながってしまいます。

 

 

肌のごわつきを改善する方法、ポイント

こういった原因で肌がごわついてしまうため、ターンオーバーを整えてあげることと保湿をたっぷりとしてあげることが、ごわつき改善の近道になります。
肌のターンオーバーを整えるには、まず蓄積した古い角質を取り除いてあげましょう。
ピーリングなどのケアをおこなえば、古い角質が落ちてくれるため、ターンオーバーを整えるサポートをすることができます。

また、お肌のもととなる栄養をしっかりと摂ることも大切です。
たんぱく質やミネラル以外にも、ターンオーバーを促進してくれるビタミンAやビタミンCを積極的に摂るようにしましょう。

もちろん、徹底した保湿ケアも重要です。
乾燥の対策になるだけではなく、ターンオーバーを整えることにもつながります。
夏はさっぱりとした基礎化粧品に変えている方が多いかと思うので、秋には保湿重視のラインに切り替えてあげましょう。
シートマスクやパックなどのスペシャルケアを追加してあげるのもいいかもしれませんね。

最後に、質の良い睡眠をとれるように、就寝環境を整えてください。
どんなに外からケアをしても、肌が再生するタイミングである眠りの質が悪いと効果が半減してしまいます。
成長ホルモンは最初の3時間に多く分泌されていると言われているので、スムーズに眠りにつけるような環境を作ってあげるのがポイントです。

この内容で送信します。よろしいですか?