秋の肌悩みはこれで解決!原因と対策方法

過ごしやすい気候に変わる秋には、外出をすることが増える方も多いのではないでしょうか?
朝晩の寒暖差もあり体調を崩しやすいこの季節には、肌に悩みを抱えることが増えてきてしまいます。
秋には一体どのような肌悩みがあるのでしょうか。

 

 

秋の肌の状態、起こりやすいトラブルは?

日差しの強い夏の間にたくさんの紫外線を浴びたお肌に、シミやそばかす、くすみといったトラブルが起きやすいです。
紫外線は肌の色を変えるだけではなく、弾力を保つコラーゲンなどにダメージを与えてしまいます。
そのため、ハリが低下して疲れた印象の肌に見えてしまうこともあります。

また、夏に比べて汗や皮脂の分泌量が減り、空気も乾燥してしまうため、肌の乾燥が悪化することも.....。
肌が乾燥してしまうと、バリア機能が低下してしまうため、外部の刺激に弱く過敏に反応するようになります。
吹き出物やニキビ、乾燥によるシワやかゆみなどに要注意です。

 

秋の肌悩みを予防、改善するには

トラブルに悩まされる秋の肌を改善するには、保湿・美白・ターンオーバーの促進がポイントになってきます。
紫外線を浴び続けた肌は、メラニン色素を過剰に生成してしまいます。
秋は夏の影響が出やすいので、特に集中して美白ケアをしてあげましょう。
もちろん、夏に続けて日焼け対策を行うようにしてください。

次に保湿ケアです。乾燥は多くの肌トラブルの引き金となる存在なので、とにかくしっかりと保湿をおこなっていきましょう。
セラミドやヒアルロン酸、プラセンタなどの成分は、保湿効果が非常に高いです。うまく基礎化粧品に取り入れてあげましょう。

それに加え、肌の生まれ変わりを促してあげるには、ターンオーバーを整えることが大切です。
ターンオーバーが乱れてしまうと、シミが残りやすく、古い角質が重なり肌が黒ずんで見えてしまいます。
週に一回程度ピーリングをおこなったり、メイクや外気の汚れをしっかりと落とせるようにクレンジングを丁寧におこなってください。

もちろんスキンケア以外にも、食生活や生活習慣の改善も必要です。
お肌のもととなる食事は3食バランスよく食べるようにして、夜は質の良い睡眠をとれるように寝室の環境を整えてみましょう。

 

まとめ

秋の肌悩みをそのままにしてしまうと、空気の乾燥がもっとひどくなる冬に突入してしまいます。
そうなってしまうと肌の状態がドンドン悪くなってしまうので、早めに対策をとるようにしてくださいね!