秋に起こりがちな肌トラブルは?原因と改善方法

楽しかった夏が終わり、気温が下がり一気に過ごしやすい気候になる秋。
実はこの時期、多くの女性が肌トラブルに悩まされてしまいます。
夏に比べて日差しも弱いのに、どうして肌トラブルが起きてしまうのでしょうか?詳しくチェックしてみましょう。

 

 

秋に多い肌のトラブルとその原因

秋の肌トラブルの原因の一つは、紫外線によるダメージです。
夏は紫外線の量がとても多いため、肌にダメージが蓄積されてしまいます。
その影響が秋に出てきてしまい、ターンオーバーの乱れやシミ、乾燥によるシワなどが引き起こされます。

また日中と夜の寒暖差も激しくなり、その影響で自律神経が乱れて体調が崩れやすいと言われています。
身体の調子が悪いと、ニキビや吹き出物ができてしまい、肌がとてもデリケートな状態になってしまいます。
普段は何もないような刺激にも、反応してしまうので要注意です!

他にも、秋特有の乾燥した空気も、肌トラブルを起こしてしまう原因の一つです。
どうしても肌も乾燥しやすくなってしまい、肌のバリア機能が低下します。
乾燥が悪化すると、シワなどができやすくなってしまいます。
 

肌トラブルの改善方法

秋の肌トラブル改善に最も大切なのが、「保湿ケアで肌の水分量をあげる」ことです。
乾燥は、様々な肌トラブルの原因になる存在です。
そのため、保湿ケアを徹底して行ってあげることで、結果的に多くの肌トラブルを改善することができます。
夏の紫外線ダメージで特に内側の水分が減っているので、プラセンタやセラミドなどの成分を含んだ化粧品を使うようにしてあげましょう。

次に新しい肌に生まれ変わってくれるように、ターンオーバーのサイクルを整えてあげましょう。
ターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質が残ってくすみになったり、メラニンが排出されずシミが定着する可能性があります。
生活習慣を整え、定期的にピーリングを行うなどの対策を取り、ターンオーバーを整えていきましょう。
その際、刺激の強いピーリングを使わないようにしてくださいね!

最後に、夏だけではなく秋にも日焼け対策をおこなうようにしてください。
夏のレジャーのような数値の高い日焼け止めを使う必要はありません。
日常生活程度であれば、SPF20で十分なので、紫外線ダメージが蓄積されないようにしてあげましょう。
そうすれば、保湿ケアの効果もより感じやすくなりますよ。

この内容で送信します。よろしいですか?