「キャビスパ RFコア EX」体験レポート【第1回】

二の腕やお腹、脚など、お肉の気になるところはたくさん....。

でもエステに行くとかなりお金が飛んでしまうので、なかなか手が出せませんでした。

そんなとき自宅でキャビテーションができる「キャビスパ RFコア EX」を知り、これならエステよりも安くボディラインをスッキリさせられるかも!と思い早速購入してみました。

 

 

 

キャビテーションって何?

キャビテーションは切らない脂肪吸引とも言われるもので、脂肪細胞の中に空洞を発生させて破壊し、脂肪を溶かし出すという痩身の施術です。

エステやクリニックで受けることができますが、かなり費用がかかります。

脂肪細胞に直接アプローチをするため、難しいと言われる部分痩せもできると言われています。

「キャビスパ RFコア EX」は、そんなキャビテーションの機能を備えているだけではなく、なんとラジオ波とEMS機能も搭載しています。

 

 

 

冷えはダイエットを邪魔する存在なので、ラジオ波で内側からしっかりと温めてあげれば、キャビテーションの効果もより高まってくれます。

電気刺激で筋肉運動を促すEMSは、運動をするのが億劫という人も機械を体に当てるだけでOKです。

このように、「キャビスパ RFコア EX」は、様々な切り口からボディラインを整える効果が期待できます。

 

独自の面をとらえる形の秘密

まるで2つのリングのようにボールが配置されている形は、かなり珍しいですよね。

このような形にすることで、電極間の距離が一定になり、同じパワーで肌にアプローチすることができます。

 

 

また、お肉をキャッチしつつも面が広いため、一気に広範囲に機械をあてられるという特徴があります。

体のお手入れとなるとどうしても時間がかかるので、広範囲にあてられるのは嬉しいポイントです。

二の腕やウエストといった体をケアする「ボディモード」、フェイスラインや首のケアに「フェイスモード」、そしてなんと...バストラインを整える「バストモード」が用意されています!

これ1台で全身がケアできますね。

 

初めて使った感想

ふくらはぎのむくみと太もものハリ、腰回りが特に気になるので、まずはその3部位に使ってみました。

3時間の充電で約30分使えるのですが、説明書に1部位は10分が目安と書かれていたので、ちょうどぴったりでした。

全身を1回でケアするのは難しいので、曜日ごとに分けてみるのもいいかもしれません。

付属のジェルをたっぷり塗り機械を体に当てると、じんわりとした温かさを感じました。

表面ではなく、内側が温まっていくようなイメージです。

個人的には、温泉に入っているときのようだなと感じました。

ラジオ波とEMSを同時に使いましたが、場所によって筋肉がかなりピクピク動きました。

EMSでしっかりと筋肉が動いているようです。

脚のむくみもスッキリとしたので、1日の終わりに使って体をケアしようと思います。