体を温める飲み物の摂り方とは?

水やお茶、炭酸飲料にコーヒーなど、私たちの周りには様々な飲み物があります。
普段何気なく口にしている飲料ですが、その種類によって体が冷えたり温まったりします。

 

体を温める飲み物の摂り方とは?

 

温活をする上で、飲み物の種類はとても重要になってきます。
どういった飲み物がおすすめなのか、詳しく見ていきましょう。

 

体を温める飲み物

体を温める定番の飲み物は「白湯」です。
一度沸かしたお湯を、50度ぐらいまで冷ましてゆっくりと飲みましょう。
朝一杯の白湯を飲むだけで、身体がほっこりと温まりますよ。
内臓を温める効果だけではなく、風邪予防にもなるのが特徴です。

次に、「黒豆茶」です。
黒豆にはポリフェノールやビタミン、食物繊維などが含まれているので、体を温める以外にも便秘に効果があります。
ティーバッグタイプのものが販売されていますが、黒大豆を煎ってあげれば手作りもできますよ。

体を温めるといえば「生姜」。生姜とはちみつを使った生姜湯もおすすめの飲み物です。
作り方は簡単で、お湯に生姜とはちみつを入れるだけです。
生姜を熱すると生成されるショウガオールが体をしっかりと温めてくれます。

 

体を冷やす飲み物

温かい国で作られるコーヒーは、体を冷やす働きがあります。
温かいコーヒーを飲むと身体が温まりそうですが、むしろ逆の効果があるので要注意です。
また、お茶も発酵の状態によって、体を冷やしてしまいます。
緑茶は、ウーロン茶などの色の濃いお茶と違って発酵をしておらず、温活には向かない飲み物です。
他にも、ジュースや清涼飲料水は基本的にNGです。

 

おすすめの飲み方

体を温める飲み物を飲むタイミングですが、朝起きたとき、入浴前、寝る前がおすすめです。
寝起きに飲めば、寝ている間に冷えた内臓が温まるので、体の芯から温まって目覚めることができます。
お風呂に入ると汗をかいて水分が減ってしまうので、入浴前には水分補給もかねて飲んでおきましょう。
寝る前に1杯飲んであげれば、体温が上がります。
1度体温が上がれば、質の良い睡眠に必要が深部体温の低下がスムーズに行われるので、冷え対策だけではなく安眠効果も期待できますよ。

体が温まるからといって、たくさん飲むのは体に負担がかかってしまいます。
1杯程度にとどめておき、5~10分ほどかけてゆっくりと飲んであげるのがポイントです。
様々種類の飲み物があるので、自分に合ったものを見つけてくださいね!

この内容で送信します。よろしいですか?