冷えが太る原因になる?体が冷えるとよくない理由

ダイエットをしているのになかなか痩せない.....そんな悩みはありませんか?
頑張っても成果につながらないと、ダイエットへのモチベーションが下がってしまいますよね。

 

冷えが太る原因になる?体が冷えるとよくない理由

 

その成果の出なさは、もしかしたら身体の冷えが関係しているかもしれません。
では、冷えることはどうして太ることと関係があるのでしょうか。

 

冷えで代謝がダウン

寒さを感じると、熱を閉じ込めようと血管が収縮をしてしまいます。
血液は身体の隅々に栄養や酸素、熱を送る役割を果たしているため、血の巡りが悪くなることで十分に行き渡らなくなります。
そうすると身体の代謝が下がってしまい、結果として同じ食事をとっても太りやすいという現象が起きてしまいます。

また寒さ以外にも、熱を生み出す筋肉の減少や下着などの衣服の締め付けも、血行不良を引き起こす原因になります。
これらの原因から分かるように、女性は冷え症になりやすく代謝が低下しやすいことが分かりますね。

 

むくみやすい身体に

冷えで血行が悪くなると、老廃物や余分な水分がスムーズに排出されなくなります。
特に心臓から遠い脚はむくみやすい部位No.1です。女性であれば、脚のむくみに悩まされることが1度はありますよね。
見た目に影響が現れてしまうので、何とかして解消したい部分になります。

もともと脚は心臓との距離から血流が悪くなりやすいですが、ふくらはぎの筋肉が弱いとポンプの役割が弱くなってしまうので、より一層むくみやすくなってしまいます。
脚のむくみが最も目立ちますが、顔やお腹周りにもむくみは生じてしまいます。
そのため、むくみを解消してあげるだけでも、身体が一回りスッキリすることもあります。
 

 

冷えた部位には脂肪がつきやすく

血の巡りが悪くなっている部位は、老廃物や血流が滞りむくみやすくなっています。
しかし、それだけではありません!冷えから身体を守ろうと、その部位には脂肪がつきやすくなってしまいます。
妙に脂肪がついてきたな...という部位を一度触ってみてください。おそらくかなり冷えてしまっていると思います。
特に、腰や足などに要注意ですよ。
老廃物と脂肪細胞が絡みあると、表面がボコボコになるセルライトへと変わってしまうので、日頃から冷え対策をしっかり行うようにしましょう。

 

まとめ

冷えと一言でいっても、様々な太る原因がありましたね。
ダイエットの効果を半減させないためにも、一緒に温活を行うようにしてくださいね!

この内容で送信します。よろしいですか?