敏感肌のムダ毛ケアに脱毛器がイイ理由

多くの方がムダ毛の処理に悩まされていますが、その中でも敏感肌の人は特にムダ毛処理に苦しめられていることが多いです。


敏感肌のムダ毛ケアに脱毛器がイイ理由


目立ってしまうムダ毛をキレイにしようと思っても、自己処理をしているとそれが刺激になって肌トラブルにつながってしまうこともあります。
そんな敏感肌の人は、家庭用脱毛器を使っても大丈夫なのでしょうか?


自己処理が肌に与えるダメージ

普段ムダ毛の処理をするとき、何を使っていますか?
ほとんどの方が、カミソリや毛抜きを使用してムダ毛を処理しているかと思います。
安価でサッとムダ毛を処理できるカミソリはとても便利ですが、毛と一緒に肌の角質層もそぎ落としてしまいます。
その結果、肌の乾燥が酷くなり、バリア機能が低下していきます。

肌のバリア機能は、外部からの刺激から肌を守るためにとても大切な存在です。
バリア機能が低下すると、ニキビや赤み、乾燥といったトラブルを起こすだけではなく、普段よりも日焼けをしやすくなってしまいます。

毛抜きを使ったムダ毛処理は、ツルツルが長くキープできる反面、無理やり毛を抜いてしまうので毛穴が炎症を起こしやすいです。
次に生えてくる毛が、埋没毛になることもあるので要注意です。


脱毛器は敏感肌でも使える?

少しの刺激でもトラブルを起こしてしまう敏感肌の人に、家庭用脱毛器は使えるのでしょうか?
基本的には、使い方さえしっかりと押さえておけば問題ありません。
脱毛器を使う際には、必ずスキンテストを行うようにしてください。
テストを行い問題がなければ、本番といった流れを踏むようにしましょう。

また、照射レベルの調整に注意するようにしましょう。
出力が高ければそれだけ効果が上がりますが、敏感肌の人にとってそれは大きな刺激になってしまいます。
脱毛効果はゆっくりになってしまいますが、できるだけ照射レベルを低くして脱毛をおこなってください。

脱毛前後の肌ケアも重要です。
光をあてることで肌が熱を持ってしまうので、脱毛前後の肌の冷却を忘れないようにしましょう。
しっかりと冷却をしておけば、痛みをおさえることにもつながります。
脱毛後の肌はとても敏感になっているので、しっかりと保湿ケアを行ってください。
その際敏感肌の方は、敏感肌用のコスメを使ってあげるようにしましょう。
いつも以上に丁寧に保湿ケアを行ってあげましょう。
これらのポイントをしっかりとクリアしておけば、敏感肌の人でも安心して脱毛器を使用できますよ!