脱毛器のしくみ。やけどしたりしないの?

最近では高性能な家庭用脱毛器が気軽に使えるようになっているため、エステやクリニックに通わずに自宅で脱毛を行う方が増えています。
しかし、中には脱毛器で肌トラブルを起こす方もいます。

 

脱毛器のしくみ。やけどしたりしないの?

 

トラブルで最も多いのがやけどだと言われていますが、どうして脱毛器でやけどをしてしまうのでしょうか?
その原因と対策について紹介します。

 

脱毛器の仕組み

クリニックやサロン、家庭用脱毛器は、光やレーザーをあてることで、毛根に熱ダメージを与えるというという仕組みになっています。
メラニン色素に反応するような仕組みになっているため、黒い毛に直接熱エネルギーを届けることができます。
それぞれ出力などに差がありますが、基本的な仕組みは同じです。毛のメラニンだけではなく、日焼けやシミ、ほくろにも脱毛器が反応してしまうという特徴があります。
 

 

脱毛器でやけどすることはあるの?

脱毛器によってやけどをすることはあります。
先ほど紹介したように、脱毛器はメラニンに反応します。
クリニックやサロンでは肌の様子を見ながら出力をコントロールしますが、脱毛器はあくまでも自己判断で脱毛を行うことになります。
そのため、自分の肌の状態にあっていない出力で脱毛器を使ってしまうと、肌にダメージを与えてしまいやけどにつながります。
脱毛を確実におこないからといって、照射レベルをむやみにあげないようにしましょう。

また、日焼けをしているときには、あまり脱毛器を使わない方がいいです。
脱毛を行う期間には、特に日焼けに気をつけるようにしましょう。

それだけではなく、肌の乾燥もやけどに影響する場合があります。
健康的な肌はバリア機能がしっかりと働いているため、外部からの刺激に強いです。
しかし、乾燥をしてバリア機能が低下してしまうと、それだけでやけどのリスクが高くなってしまいます。

 

脱毛器使用後のアフターケア

脱毛器を使った後には、必ず肌を冷やすようにしてください。
脱毛直後は肌が熱ダメージを受けて敏感になっています。
冷やしてあげることで、熱によるダメージをおさえることができます。

冷却が終わった後は、しっかりと保湿ケアをしてください。
脱毛で肌に熱が及んだことで、水分が減り肌は乾燥した状態になっています。
乾燥は肌のバリア機能を低下させてしまうので、丁寧に保湿ケアを行うのが重要です。
保湿効果の高いクリームやローション、オイルでたっぷり水分をチャージしてあげましょう!

この内容で送信します。よろしいですか?