ひどい顔のくすみの原因と改善法は?

顔の印象を暗くしてしまうくすみには、様々な原因があります。
くすみがひどいな…という場合は、乾燥か角質が原因である場合が多いです。
それぞれで改善方法が異なるので、自分のくすみは何が原因なのかということを、しっかりと理解することが重要になってきます。
今回は、そんなくすみの原因と改善方法を紹介していきます。

 

 

乾燥が原因のくすみ


肌の表面がかさついていたり、細かいシワなどがある場合は、乾燥くすみの可能性が高いです。
あぶら取り紙を良く使ったり、乾燥した場所にいることが多いという方は要注意です!

表皮の角層は、10~20%程度の水分をキープするのがベストだといわれています。
ですが、過剰な洗顔や空調のきいた場所に長くいると、どんどん肌の水分が奪われていってしまいます。

乾燥が進むと肌のターンオーバーが乱れ、肌バリア機能が低下し、紫外線に弱くなってしまいます。
その結果、くすみにもなりやすいという悪循環を起こしてしまうのです。
乾燥はくすみに限らず、様々な肌トラブルの原因になり得るマイナスポイントなので、きちんと対策をとることが大切です。

 

 

乾燥くすみの改善法


まずは洗顔後のポイントです。
タオルで顔をこするように拭くのではなく、押し付けるように水分をとりましょう。
そうすることで、肌に刺激を与えずに水気をとることができます。

水分をとった後は、保湿系の化粧水でたっぷり肌を保湿します。
週に2,3回ほど、シートマスクでスペシャルケアをするのもおすすめです。

空調がきいている部屋では、加湿器を使ったり、スプレーに移した化粧水を顔にふきつけるのも効果的ですよ。
最近では、コンセントではなくUSB電源の商品が販売されているので、オフィスでも気軽に利用できそうですね。

 

 

角質が原因のくすみ


表皮がゴワついていたりカサカサしているのに、皮脂分泌が盛んでテカりも気になる場合は、角質が原因のくすみかもしれません。
クレンジングが適当であったり、メイクをしたまま寝ることが多い方に出やすい症状です。

メイクがちゃんと落ちておらず、洗顔も適当だと、表皮に化粧汚れや皮脂がたまってしまいます。
一説には、メイクをしたまま寝ると、1週間洗っていない雑巾を顔に乗せているのと同じといわれるほど良くないと言われています。
しっかりと汚れを洗い流してあげるのが重要なポイントになります。

 

 

角質くすみの改善法


まずは化粧汚れをしっかりと落とす必要があります。
顔全体を一気に落とすというパターンが多いと思いますが、アイメイク専用などのポイントリムーバーを使うことで、より丁寧にメイクを落とすことができます。
洗顔もしっかりと行い、肌に汚れが残らないようにしましょう。

毎日のメイク落としとは別に、角質ケアも大切になります。
古くなった角質がたまると、くすみ以外にも毛穴汚れやシミの原因にもなります。

肌のターンオーバーを正常に整えてあげるために、ピーリングコスメを使ってみてください。
毎日使える石鹸タイプ、ふき取り化粧水、ジェル状のピーリングなど様々な商品があるので、自分にピッタリのものを見つけてみてください。
しっかりと効果を感じたいという方は、医療機関のピーリングもおすすめですよ。

 

 

まとめ


乾燥・角質くすみについて紹介しましたが、いかがでしたか?
症状に心当たりがある方も多かったのではないでしょうか?
どんなに気をつけていても、肌が乾燥してしまったり、角質がたまってしまうことがありますよね。
いつものスキンケアにプラスアルファをするだけでも効果が出るので、シッカリとお肌をケアしてあげましょう!
くすみ知らずの肌になれば、メイクも楽しくなること間違いなしです。