ちゃんとやってる?使った脱毛器の正しいお手入れ方法

自宅で脱毛をおこなっている人は、脱毛器のお手入れをおこなっていますか?
肌に直接使うものなので、お手入れを怠ってしまうと肌トラブルを起こしてしまうこともあります。

 

ちゃんとやってる?使った脱毛器の正しいお手入れ方法

 

そうならないように、しっかりとお手入れをして正しい方法で脱毛器を使うようにしましょう。
 

脱毛器のお手入れをさぼるとこんなことに!

脱毛器を使うと、本体に毛や皮脂、ほこりがついてしまいます。
本体のお手入れをおこなわずに汚れたままにしてしまうと、雑菌まみれの脱毛器を肌に使うことになります。
脱毛後の肌はとても敏感なので、そういった雑菌の影響で肌荒れが起きてしまう可能性が高いです。

また、ほこりや毛がつまった状態で使い続けると、本体の故障にも繋がってしまいます。
せっかく買った脱毛器が壊れてしまっては困りますよね?
しっかりとお手入れをして、清潔な状態で使うようにしましょう。


 

サーミコン式脱毛器のお手入れ方法

サーミコン式脱毛器は、熱の力でムダ毛を焼き切るというものです。
毛を抜くわけではありませんが、カミソリに比べて肌の負担が少ないです。
お手入れの際には、サーミコンチップをつける部分の汚れを丁寧に取り除くようにしましょう。
付属のブラシで毛を取り、柔らかい布を使ってお手入れをしてください。

 

フラッシュ脱毛器のお手入れ方法

エステと同じような光脱毛を活用した脱毛器です。
肌にあてて照射をするため、特に皮脂がつきやすいです。
カートリッジ部分が汚れたままにならないように、柔らかい布やめん棒を使ってお手入れをしてください。
アルコールなどを含ませ、汚れを落としましょう。
 

 

抜くタイプの脱毛器のお手入れ方法

脱毛器をあてることで毛を引き抜くタイプのものは、抜いた毛が脱毛器の中にたまるような仕組みになっています。
そのため使用後は、内側にたまった毛を取り除く必要があります。
付属のブラシがついている場合がほとんどなので、絡まった毛を落としてあげましょう。
毛をそのままにしてしまうと、うまくムダ毛が引き抜けない可能性が高くなってしまいます。
 

 

まとめ

ついついお手入れをせずに放置してしまいますが、自分で行うからこそそういった面には特に気をつける必要があります。
せっかくムダ毛を処理してツルツルになったのに肌がボロボロに....ということにならないように、脱毛後のお手入れを習慣づけるようにしましょう。

この内容で送信します。よろしいですか?