白髪がある場所や白髪の脱毛!脱毛器は使える?

最近、髪の白髪が気になる.....。
そんなあなたは、もしかしたらムダ毛にも白髪が増えているかもしれません。

 

白髪がある場所や白髪の脱毛!脱毛器は使える?

 

白髪ができてしまうと、脱毛の種類によっては効果を発揮しにくくなってしまうと言われています。
どうして白髪の脱毛は難しいのでしょうか?
 

白髪も脱毛することは可能?

まずは脱毛の仕組みを確認してみましょう。
多くの女性が行っているレーザー脱毛や光脱毛は、メラニン色素(黒色)に反応して熱エネルギーを発生させ、
そのパワーで毛にダメージを与えるという仕組みになっています。
そのため、日焼けをしていると施術を受けられなかったり、シミやほくろにも反応してしまうというデメリットがあります。

このように、メラニン色素に対して反応する仕組みになっているため、白髪にはそもそも脱毛器が反応してくれません。
白髪はメラニン色素がなくなった状態なので、一般的なレーザーや光脱毛ではどうしても脱毛効果を出すことができません。
 

 

白髪を脱毛するには何をすればいいの?

そんな脱毛が難しい白髪ですが、メラニン色素に反応する脱毛器でなければ問題はありません。
白髪に効果的な脱毛として知られているのが、「ニードル脱毛」です。
ニードル脱毛は針脱毛と呼ばれる方法で、毛根に針を差し込んで、電流を流すことで毛乳頭を破壊します。
そのため、メラニン色素のない白髪でも確実になくすことができます。

効果が高いものの、痛みが強く手間がかかるため、料金も高く負担が大きい脱毛方法になります。
白髪以外を通常の光脱毛やレーザー脱毛で処理し、白髪だけをニードル脱毛にといった組み合わせが良いのかもしれませんね。

 

白髪がまざったムダ毛を処理するには?

家庭用脱毛器は、エステで使われる光脱毛と同じ仕組みになっています。
そのため、メラニン色素に反応し、熱エネルギーが毛にダメージを与えてくれます。
白髪が混じっていてもメラニンに反応するため、問題なく脱毛を行うことができます。

しかし、レーザー脱毛や光脱毛と同様に、白髪を脱毛する効果はありません。
たとえ白髪を黒く染めたとして、毛根までは黒くすることができないため、根本的な解決にはなりません。
白髪以外を家庭用脱毛器で処理し、どうしても気になる白髪に関してはニードル脱毛をしてしまうのが効率的に脱毛を進めることができます。
それぞれの特徴を生かして、うまく使い分けてあげましょう。

この内容で送信します。よろしいですか?