どれが最適?脱毛器の種類と選び方

身だしなみとして多くの女性が行う脱毛ですが、その方法は様々です。
病院で医療レーザー脱毛を行う人もいれば、エステサロンなどの光脱毛で処理を行う人もいます。

 

どれが最適?脱毛器の種類と選び方

 

それぞれ脱毛の仕組みが異なりますが、どういった違いがあるのでしょうか?
自分にぴったりの方法を見つけるために、脱毛器の種類について詳しくみていきましょう。

 

レーザー脱毛器(クリニックなど)

医療機関などで行う脱毛では、レーザー脱毛器が使用されます。
単一の波長のレーザーを使うことで、より強いダメージを毛に与えることができます。
黒いメラニン色素にレーザーが反応し、熱エネルギーを発生させます。
そのため、よりメラニンが濃い場所ほど痛みが強くなります。
効果は高いというメリットがあるものの、医療機関でしか使用できないため料金が高くなってしまいます。
 

光脱毛器(エステ)

インテンスパルスライトと呼ばれる、IPLなどの光を使った脱毛器です。
基本的な仕組みはレーザー脱毛器と同じで、メラニン色素に反応して熱エネルギーが生じます。
複数の波長を含んだ光になるため、単一であるレーザーに比べて出力が弱いです。
痛みが少ないというメリットがあり料金も医療機関に比べて安いですが、出力が弱いぶん効果の出方も緩やかになります。
 

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、エステサロンなどで行われる光脱毛と同じ仕組みになっています。
そのため、光をあてることで毛を弱らせ、脱毛を行うことができます。
自宅で使うことができるため、脱毛のために予定を開けてサロンに通う必要がありません。

また、部位や回数に制限があるわけではないので、好きな時間にやりたい場所の脱毛ができるというメリットがあります。
エステサロンに通いたいけど、なかなかスケジュールが合わない、コースを契約するのが嫌という方におすすめです。
 

サーコミン式脱毛器

サーミコン式脱毛器は、他の脱毛とは少し異なった特徴があります。
脱毛と呼ばれていますが、毛を抜くわけではありません。
毛に熱のパワーを加え、熱によってムダ毛をカットするというものになっています。
そのため、あくまでも除毛をしているだけです。
カミソリなどに比べて肌の負担が少なく、毛先が熱で丸くなるためチクチクしないというメリットがあります。
 

 

超音波式脱毛器

超音波式脱毛器は、毛抜きが進化したような脱毛器です。
ピンセットのような機械で毛を挟むことで、毛根に超音波振動が伝わります、
そうすることでスムーズに毛を抜くことができるという仕組みになっています。
毛抜きに比べて肌の負担が少なく、毛根から抜いてしまうので次の毛が生えてくるスピードが遅くなります。
しかし、毛を弱らせる効果があるわけではないため、定期的に処理をする必要があります。