撮影場所で差が出る!インスタ映えするスポットとは?

女性に大人気のインスタグラムは、今や人気のコミュニケーションツールになっています。

 

撮影場所で差が出る!インスタ映えするスポットとは?

 

インスタにアップされている写真を見れば、思わず「いいね」を押したくなるような魅力的なものがたくさんありますよね!
たくさんのハートがつくようなインスタ映えする写真をとるには、一体どのようなポイントを抑えればいいのでしょうか?
インスタ映えするスポットについて紹介します。
 

インスタ映えをするスポットの特徴

インスタ映えするスポットの特徴の一つは、カラフルだということです。
メリハリのきいた彩度の高い写真は、フィードに流れていてとても目を引きます。
色をたくさん使っているスポットほど、SNS受けがいいと言われています。

また非日常感のあるスポットも、インスタ映えをする特徴の一つです。
「日本なのに海外の街を歩いているよう」「今まで見たことの内容な日本の風景」など、思わずここはどこ?と思ってしまうような写真にはいいねやコメントが集まりやすいです。
他にも、意外性のあるものやデカ盛りグルメのような想像を上回るような大きさといった要素も、インスタ映えをする特徴的なスポットになります。
 

 

日本なのに海外旅行風?!

海外旅行に行っている写真は、思わず「いいね」を押してしまいますよね?
旅行になかなか行けない...という場合でも、国内で気軽に海外風写真が撮れるスポットがあります。
地中海をイメージした「ポルトヨーロッパ/和歌山」、ドイツの街並みを再現した「高輪プリンセスガルテン/東京」、サントリーニ島をイメージした「ヴィラ・サントリーニ/高知」など、インスタ映えするスポットがたくさんあります!
写真はもちろんのこと、海外旅行気分があるので、友達とぜひ遊びに行ってみてくださいね。
 

 

アートを使ってインスタ映え♪

アートそのものもインスタ映えしますが、アートと自分が一体となって写真が撮れるようなスポットは、特にインスタ映えします!
誰もが1度は目にしたことがある「金沢21世紀美術館」にある、プールの水の中に人がいるように見えるアートは、とても写真映えしますよね。
日本には、そういったアートスポットがたくさんあります。

三角の水槽トンネルがある「アクアマリンふくしま/福島」、街全体がアートになっている「十和田市現代美術館/青森」、島全体がアートになった「犬島/岡山」などがあります。
他にも魅力的なスポットが色々とあるので、どんな写真をとりたいかに合わせてスポットを選んであげましょう!