肌の保湿は足りてる?秋になったらスキンケアも見直そう!

読書や食べ物、スポーツと様々な楽しみがある「秋」。
そんな秋に、夏のダメージをケアするためのスキンケアを行ってみませんか?

 

肌の保湿は足りてる?秋になったらスキンケアも見直そう!

 

季節の変わり目ということで、何かとお肌のトラブルが起きやすいこの季節には、肌の保湿がとても大切です。
夏仕様のさっぱりスキンケアだと、保湿が足りていないかもしれませんよ!

 

秋になると肌に起こる変化

夏と秋では、肌にどういった変化が起こっているのでしょうか?
夏は高温多湿なので、周りの湿度が高く、汗をかくため皮脂の分泌量も多いです。
そのため、ある程度肌の潤いはキープされています。
しかし、秋になって空気が乾燥し気温が下がると、肌の潤いを保つ湿度や皮脂が足りなくなってしまい、肌の乾燥につながります。

また、夏の日焼けダメージは、どんなに対策をとっていてもどうしても蓄積されてしまいます。
夏から秋に突入することで、日焼け対策の手を緩めてしまいそうですが、肌をボロボロにする紫外線は1年中降り注いでいます。
そのため、夏のダメージをリカバリーしつつ、これ以上紫外線ダメージが蓄積しないような対策が必要になります。

 

秋の保湿ケアのポイント

秋の保湿ケアのポイントは、基礎化粧品の見直しです。
夏は汗をかくということもあり、さっぱりとしたテクスチャーのものを使っている方が多いです。
秋の肌にはそれでは保湿不足になりやすいので、ヒアルロン酸やセラミド、プラセンタなどを含んだものに切り替えてあげましょう。
また、化粧水はもちろんのこと、蓋の役割をするクリームの種類にもこだわってあげてください。
化粧水を使う際、蒸しタオルで毛穴をしっかりと開き、そのあとに使ってあげれば、肌が柔らかくなり浸透力が良くなります。
ちょっとした手間でかなり変わってくれるので、ぜひ1度試してみてくださいね。
肌の水分量がしっかりと保てれば、肌のバリア機能が高まり、外部からの刺激に負けない強い肌に変わっていきますよ。

保湿ケアと合わせて、美白ケアも取り入れてあげるのがポイントです。
夏も美白対策をおこなっている方がほとんどだと思いますが、日差しの弱まる秋に集中的にケアを行ってあげるのがおすすめです。
ハイドロキノンやビタミンC誘導体といった、シミを薄くする効果のある成分を使ってあげてください。
ダメージがこれ以上増えないように、日焼け対策も行うようにしてくださいね!

この内容で送信します。よろしいですか?