さえない顔色、秋の肌くすみの原因と改善法は?

暑い夏と寒い冬の間の秋は、とても過ごしやすい季節ですよね。
しかしその一方で、多くの女性が秋の肌トラブルに悩んでいます。

 

さえない顔色、秋の肌くすみの原因と改善法は?

 

乾燥やかゆみといった症状以外にも、くすみが酷くなってしまい疲れた印象の顔に見えてしまう.....という悩みを抱える方が少なくありません。
一体なぜ秋は肌がくすんでしまうのでしょうか?

 

秋に肌がくすむ原因とは

秋肌のくすみの原因の一つは、夏の紫外線ダメージです。
年々気温が上がり、日差しも強くなっているため、日焼け対策をしっかり行っている女性がほとんどです。
しかし、同時に汗もかなりかいてしまうため、日焼け止めが流れ落ちてしまうことも....。
どんなにバッチリ紫外線対策をおこなっていても、どうしても紫外線ダメージを受けてしまいます。
そうするとメラニンの生成が活発になり、シミなどの色素沈着ができてしまいます。

また、秋は夏に比べて気温が低くなっていきます。
そうすると、血行が悪くなってしまうため、肌がどんよりと暗く見えてしまう場合もあります。

 

肌のくすみを改善する方法

まずは、夏の紫外線ダメージをケアしてあげる美白スキンケアを行ってあげましょう。
本来であれば、メラニンはターンオーバーとともに排出されるため、色素沈着はできません。
それが間に合わないほどのスピードでメラニンが増えたり、ターンオーバーが乱れてしまうことで色素沈着が起こります。
メラニンの生成を抑制するビタミンC誘導体を含んだ化粧品を使ったり、古い角質を落としてターンオーバーを整えてくれるピーリングなどを行い、肌が本来持つ機能を高めてあげるようにしましょう。

お風呂上りには顔色が良いのに、寝起きは顔がくすんでいるという方は血行不良による顔のくすみの可能性が高いです。
メイク前にホットタオルを顔に乗せてあげたり、顔にクリームやオイルを塗って優しくマッサージをしてあげれば、血行が良くなるためくすみが改善されます。
一時的にくすみを改善するだけではダメなので、体全体の血行が良くなるようにすることも大切です。
半身浴をおこなったり、代謝を良くするために定期的に体を動かして運動をするなどの習慣を生活に取り入れるようにしてくださいね。

 

まとめ

くすみが酷くなると、それだけでどんよりとした雰囲気になってしまいます。
メイクの発色も悪くなるので、しっかりと改善して生き生きとして肌をキープしてあげましょう。