秋の肌は意外と乾燥してる!肌の潤いを守る対策とは

暑い夏が終わってホッと一息....。
ついついお肌のお手入れも手抜きになりやすい秋ですが、実はお肌が思った以上に乾燥してしまう時期になります。

 

秋の肌は意外と乾燥してる!肌の潤いを守る対策とは

 

乾燥というと冬にひどくなるイメージですが、秋は乾燥をはじめとするトラブルが発生しやすいです。
肌の潤いをキープして、トラブル知らずの肌を目指してあげましょう!
 

秋の肌が乾燥しやすい理由

夏はたくさんの汗をかくため、汗や皮脂の分泌が多く、気候も湿度が高いため意外とお肌は乾燥しません。
しかし、秋になると空気が乾燥し、汗もそれほどかかなくなります。
そうするとお肌がとても乾燥しやすい状態になっていきます。

また、夏の紫外線ダメージのケアを行わずそのままにしてしまうと、秋にその影響が出てきてしまいます。
日焼けは肌が火傷をしている状態なので、しっかりケアをしておかないとドンドン乾燥してしまいますよ!

 

肌が乾燥すると起こるトラブル

肌の乾燥は、様々なトラブルを引き起こすと言われています。
肌表面にはバリア機能が存在しますが、乾燥をするとこの機能が低下します。
バリア機能が働いてくれないと、水分がより一層蒸発しやすいというだけではなく、ちょっとした刺激にも過敏に肌が反応してしまうようになります。
赤みやニキビなどのトラブルをはじめ、かゆみなどの症状も出てしまうので、乾燥は美肌の大敵になります。


 

乾燥を防止、改善する方法

乾燥改善に大切なのは、お肌の保湿ケアです。
夏はさっぱりとした使い心地の基礎化粧品を使っている女性が多いですが、秋には種類を切り替えて保湿重視のものにしてあげてください。
内側からしっかりと水分をチャージし、乳液やクリームで蓋をしてあげればOKです。
水分保持力が高いヒアルロン酸、角質層の水分を保ってくれるセラミドなどの成分が使われているものがおすすめです。

乾燥が酷い場合は、バリア機能が低下して肌が敏感な状態になっています。
まずは刺激の弱いコスメで肌の状態を整え、その後より保湿効果の高い商品に切り替えていくなどの対策をとって、肌をいたわってあげるのがポイントです。

 

まとめ

乾燥をしていると、トラブルを起こしやすいだけではなく、粉を吹いてしまい化粧ノリも悪くなってしまいます。
シートパックなどのスペシャルケアをとりいれて、徹底的に保湿をおこなってあげれば、秋の乾燥肌を改善することができますよ!

この内容で送信します。よろしいですか?