油断できない!肌の乾燥は秋からはじまる?

気温が高く熱い日が続く夏....。
そんな日差しの強い夏が終わり、ついつい油断をしていませんか?

 

油断できない!肌の乾燥は秋からはじまる?

 

夏の日差しの強さは誰もが実感しているので、女性の多くは紫外線対策をしっかりと行っていますよね。
しかし秋になった途端涼しくなり、それほどお肌に気を使わなくなって油断をしてしまうことも。
肌の乾燥対策という意味では、秋は油断のできない時期になります!
秋の乾燥はどのように防げばいいのでしょうか?

 

秋に肌が乾燥しやすくなり理由

まずは、夏の紫外線ダメージの影響があげられます。
日差しが強く暑い夏は、日焼け止めを塗っていても汗で流れてしまったりと、どんなに対策をとっている人でも紫外線のダメージが蓄積してしまいます。
そういった夏の紫外線ダメージが秋に持ち越され、肌が乾燥していきます。
また、夏が終わったからもういいや!と紫外線対策をあまり行わなくなってしまうと、1年中降り注ぐ紫外線が私たちの肌にダメージを与えてしまいます。

他にも、気候の変動も乾燥につながる原因の一つです。
暑い日と涼しい日が混ざることで、汗や皮脂量も変化していきます。
そうすると、肌を守る油分が増えたり減ったりしてしまうので、肌が乾燥しやすい時期というものが出てきてしまいます。

 

秋の肌の乾燥防止、改善方法

肌の乾燥を防ぐには、まずエアコンなどの空調の空気に当たらないようにすることが大切です。
風が直接肌に当たってしまうと、それだけで肌の水分が奪われてしまいます。
なるべく当たらないように調整をしてあげましょう。

次に、日焼け対策です。夏が終わったからといって、油断してしまうのはNGです!
紫外線をブロックし、同時に美白スキンケアを行うようにしましょう。
ダメージをそのままにしてしまうと、シミなどが増えてしまいますよ!

最後に、しっかりと保湿ケアをしてあげます。
ヒアルロン酸などの水分保持力の高い成分が入った基礎化粧品を選び、肌に潤いを与えてください。
乾燥が酷くなってしまうと、それだけで肌のバリア機能が低下してしまい、様々なトラブルを引き起こしてしまいます。
そうならないためにも、乾燥を防ぐような対策を行い、保湿ケアで肌をいたわってあげましょう。
 

まとめ

夏が終わりついついスキンケアの手を抜きがちですが、秋こそ丁寧なスキンケアが美肌にとって大切な時期です。
このタイミングで乾燥をケアしてあげれば、冬の乾燥に負けない強い肌を作ることができますよ。

この内容で送信します。よろしいですか?