秋は肌荒れの季節?季節の変わり目で気をつけたいこととは

普段あまり肌荒れに悩まされないのに、秋になるとなぜか肌の調子が悪くなる....ということはありませんか?
季節の変わり目に肌が揺らぐのはよくあることですが、秋は特に肌荒れを起こしやすいです。
秋の肌荒れ原因は一体どこにあるのでしょうか?

 

秋は肌荒れの季節?季節の変わり目で気をつけたいこととは

 

秋になると肌荒れする理由

秋になると肌荒れする原因の一つが、夏の肌ダメージです。
1年中降り注いでいる紫外線ですが、やはり夏は特にその量が多いです。
日焼け対策をとっていても、どうしても紫外線ダメージは蓄積してしまいます。
日焼け対策やその後の肌ケアが足りていないと、秋の肌荒れはひどくなりやすいです。

他にも、秋の気候も肌の不調につながる原因です。
暑くなったり涼しくなったりと、秋は気温の変化が激しいです。
そのため体調を崩しやすく、その影響が肌に出てしまうことも....。
また、夏に比べると皮脂の量が減ってしまうため、肌が乾燥して外の刺激に敏感になりやすいです。
日頃あまりトラブルを感じにくい方でも、乾燥による影響で肌荒れにつながることがあります。

 

秋のスキンケアはココがポイント!

秋のスキンケアで必ず行ってほしいのが保湿です。
気候の関係で肌が乾燥しやすいので、改めて基礎化粧品の種類を見直してみましょう。
いつも使っているラインに、保湿クリームをプラスするのもおすすめです。
日焼けのダメージが残った肌は、いわば火傷をしているような状態です。
それを踏まえて、とにかく丁寧に保湿ケアを行うようにしてください。

また、気温の変化による肌のターンオーバーの乱れをそのままにすることが、肌荒れを長引かせることにつながってしまいます。
ターンオーバーが滞ってしまうと、紫外線ダメージによるシミができやすくなるので、しっかりと肌の角質をケアしてあげましょう。
バランスの良い食事をとり、夜は質の良い睡眠をしっかりとれるようにします。週に1回ピーリングをおこなって、角質を落としてあげるのもいいかもしれません。

最後に、紫外線ダメージを修復してあげるために、美白ケアをおこなっておきましょう。
紫外線は肌の弾力を保つコラーゲンなどの成分を破壊してしまいます。
もちろんシミにつながるメラニンの過剰生成にも関係してくるので、シミのないモッチリ肌をキープするためには、美白ケアが必要不可欠です。
美白と保湿ケアをおこない、肌のターンオーバーが促されるような環境を整えてあげてくださいね!

この内容で送信します。よろしいですか?