Original

粉吹き肌とは?肌はどんな状態になっている?

頬や口の周りに白い粉がふいていて化粧ノリが悪い.....。そんな悩みはありませんか?
乾燥肌の人はもちろんのこと、乾燥をしやすい冬には誰もが悩まされる肌トラブルです。
一体粉ふき肌は、どのような状態になってしまっているのでしょうか。

 

 

粉吹き肌とは?肌はどんな状態になっている?

 

粉吹き肌の状態とは

まるで粉ふき芋のように、肌の表面が白く粉が吹いたような状態になることを、粉ふき肌と呼びます。
肌の表面がめくれて細かいフケのようなものがついてしまい、それが白く粉っぽく見えてしまいます。
ノーメイクでも目立ってしまいますが、それをカバーしようとしてファンデーションを塗ると、粗が余計に目立ってしまうことも!
朝にメイクをした時に問題がなくても、化粧直しをするタイミングで、目の周りや口元が粉吹き状態になっている人も多いです。
そのままにしてしまうとより乾燥が悪化し、粉が吹くだけではなく赤みが出てしまうこともあるので、しっかりと対処をしてあげることが大切になってきます。
 

 

粉吹き肌のメカニズム

肌は約28日周期で生まれ変わっており、ターンオーバーを繰り返して健康的な状態をキープしています。
粉吹きにはこのターンオーバーが密接にかかわっており、サイクルが乱れることで引き起こされます。
肌の細胞が未熟な状態にも関わらず、過剰なターンオーバーでそのまま表皮に出てきてしまいます。
その未熟な細胞が剥がれ落ちず表面に残ってしまい、結果として白く粉を吹いたように見えてしまいます。
乾燥はターンオーバーの乱れにつながり、ターンオーバーが乱れて細胞の状態が悪くなることで、細胞が水分を保持する機能が低下します。
この負のスパイラルに入ってしまうと、粉吹き肌や乾燥によるかゆみ、肌のゴワツキなどのトラブルに悩まされてしまいます。
肌のバリア機能が低下していくことで、乾燥以外の肌トラブルも起きてしまうので、粉が吹いてきたなと気づいた段階で、すぐに保湿ケアを強化するようにしてあげましょう。

 

 

まとめ

粉吹き肌は、見た目にかなり影響が出てくるので、女性にとっては悩みの種です。
肌の乾燥といっても、その原因は様々です。まずは、自分の肌の乾燥が何によって引き起こされているのかを明確にしましょう。
それに合わせて外側・内側からケアをしてあげれば、必ずお肌は健康で美しい状態に戻ってくれます。
粉吹き肌に悩まされている人は、まず自分の生活を見直すことから始めてみてください!