夏でも気になる粉吹き肌の原因と対策は?

冬に乾燥に悩まされる人は多いですが、最近では夏でも肌が乾燥して粉吹き肌が気になるという人が増えています。
汗をたくさんかく夏は、一見乾燥とは無縁な気がしてしまいますが、なぜ夏に肌が乾燥するのでしょうか?
その原因と対策について紹介します。

 

夏でも気になる粉吹き肌の原因と対策は?

 

夏の乾燥肌の原因

夏の乾燥の原因は、外部からの影響であることがほとんどです。
まず第一に挙げられるのが、エアコンによる乾燥です。
年々暑くなる日本では、冷房が欠かせません。今や自宅はもちろんのこと、電車やオフィス、ショッピングモールなどでエアコンがガンガンにきいています。
涼しくて快適ですが、その風により空気が乾燥してしまい、肌の乾燥へとつながります。
また、冷房の寒さで血行が悪くなることも、肌機能を低下させる原因の一つです。

次に、紫外線です。
夏は太陽が照り付け、日焼けをしてしまう季節です。
紫外線は肌を焼いて黒くしてしまうだけではなく、基底層にある細胞の生成スピードを上げてしまいます。
新しい細胞ができて良いのでは?と考えてしまいそうですが、細胞が不完全な状態で作られてしまうので、角層に出てきた際に水分をキープする力の弱い状態になってしまいます。
また、紫外線はコラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を保つ成分を破壊してしまうので、より乾燥をしやすい肌環境へと変化していきます。
夏には、肌にとって様々な刺激があることが分かりますね!

 

夏の乾燥肌対策

汗をかくからといって、保湿ケアを怠らないようにしましょう。
基本的なスキンケアはもちろんのこと、さっぱりさせるために洗浄力の高い洗顔料を使うのは控えてください。
必要な皮脂まで落としてしまい、肌の乾燥を加速させてしまいます。
エアコンの風に直接当たらないように気をつけ、加湿器を使用して室内の湿度を調整してあげましょう。
ミストを持ち歩いて、定期的に水分をチャージしてあげるのも効果的です。

それに合わせ、外出時には紫外線対策をしっかりと行います。
毎日効果の強い日焼け止めを塗る必要はないので、生活スタイルに合わせて日焼け止めを使い分けてください。
そうすれば、肌への負担を軽減することができます。
1度塗って終わりにするのではなく、塗りなおすことがポイントですよ!
日焼け止めだけでなく、日傘や帽子もぜひ活用してみてください。
日差しをたくさん浴びてしまった日は、いつも以上に保湿を重点的におこなって、肌のほてりを鎮めてあげましょう。