サウナで美肌!サウナの効果と正しい取り入れ方とは?

銭湯や温泉に行くと、必ずといっていいほどあるサウナ。
たくさん汗をかけるので、好きという方も多いのではないでしょうか。
健康や美容に様々な効果があると言われているサウナですが、お肌にはどういった効果があるのでしょうか?詳しく見てみましょう。

 

サウナで美肌!サウナの効果と正しい取り入れ方とは?

 

サウナの健康的、美容的な効果

サウナは約80~110度とかなり高い室温になっているので、しっかりと汗をかくことができます。
老廃物や毒素を体の外に出すことができるので、デトックス効果が高いです。
汗をかくことで余分な水分もなくなるため、むくみが酷い方には特におすすめです。

また、血行が良くなることで体の隅々にまで酸素と栄養が行き渡り、体の新陳代謝が活発になります。
燃焼しやすい身体になってくれるので、ダイエットをサポートする効果も期待できます。


 

肌に与える効果

汗をしっかりかくことで、毛穴に詰まった汚れ洗い流すことができると言われています。
血行が良くなることで新陳代謝も促進され、肌の再生能力が高まってくれます。
じっくりとサウナに入ることで、肌のターンオーバーの促進にもつながりますよ!

また、サウナと水風呂に交互に入ることで、血管が収縮してくれます。
そうすると自律神経が整うようになるので、ストレスなどによる肌荒れを改善する効果も期待できます。
 

サウナの正しい入り方

サウナに入る前には、必ず水分補給をするようにしましょう。
体内の水分が不足していると、汗がしっかりと出てくれません。
発汗効果を高めるためにも、コップ1杯の水を飲んでください。
事前に体を洗い、ボディークリームや日焼け止めなどを洗い流し、汗が出やすい状態にしておくのもポイントです。

1度に入る時間は10分前後がおすすめです。無理をして長く入ってしまうと、体調が悪くなってしまいます。
サウナを出たら、汗を流して水風呂に入ってください。このとき、心臓から遠い足から水をかけて、徐々に体を慣らしてください。

先ほども紹介したように、自律神経を整えるには、サウナと水風呂を交互に使ってあげる必要があります。
持病などがない場合は、水風呂と合わせて使うようにしてみてください。

連続してサウナに入ってしまうと、体が酸欠状態になりやすいので、1度休憩をはさんでからサウナに入りましょう。
このサイクルを3回ほど繰り返してあげればOKです。
のぼせてしまった場合は、無理をせずに休憩をとるようにしましょう。