美肌をつくる条件!?コラーゲンの働きとは?

美肌に効果的とされるコラーゲンは、サプリやコスメなど様々な場面で使われていますよね。
なんとなく肌に良いイメージがありますが、コラーゲンにはどういった働きがあるのでしょうか。

美肌をつくる条件!?コラーゲンの働きとは?



コラーゲンとは?その働き

コラーゲンは真皮の約70%を占める成分で、網目状になって肌の弾力を生み出しています。
また、真皮と表皮の間にもコラーゲンがあり、真皮から表皮に向けて栄養を送り込む働きを担っています。
肌の成分といったイメージがありますが、実は体をつくるたんぱく質の三分の一がコラーゲンになるので、私たちの身体にとって必要不可欠な存在です。


コラーゲンが不足すると

紫外線によるダメージや、加齢によってコラーゲンが減少してしまうと、肌の弾力が失われてしまいます。
弾力が失われてしまうと、重力に引っ張られて下垂してしまい、肌のたるみにつながってしまいます。

また、先ほども紹介したように、真皮から表皮への栄養の受け渡しも行っているため、それがうまくいかなくなることで、肌に充分な栄養が行き渡らなくなります。
その結果、ターンオーバーが乱れてしまい、古い角質が蓄積してくすみができたり、メラニンが排出されずにシミが残ってしまうといったトラブルを引き起こします。

コラーゲンを増やす、補充するには?

コラーゲンを増やすためには、コラーゲンの生成を促すような成分を摂取することが大切です。
抗酸化作用が高いと言われるビタミンCは、実はコラーゲンの生成をサポートする働きもあります。
サプリメントでビタミンCをとったり、ビタミンC誘導体が使われた化粧品を使って、ビタミンCを取り入れるようにしてあげましょう。

また、コラーゲンを多く含んだ牛筋や手羽先といった食材を食べることも、美肌に効果的だと言われています。
一説では経口摂取しても意味がないと言われていますが、体内に吸収されるという見解もあります。
まだ確実なことが分かっていないですが、美肌効果を実感している方もいるので、ぜひ食べてみてくださいね。
また食事以外にも、サプリメントを飲んでみるというのも一つの手です。


まとめ

プルプルの美肌をつくるには、コラーゲンがとても重要な役割を果たしていることが分かりましたね。
年齢とともに必ず減少してしまうので、維持するためには補充をしてあげる必要があります。
美肌のためにも、コラーゲンが作られるような体づくりを心掛けるようにしましょう!