即席美肌はこう作る!欠点をカバーする美肌メイクとは

素肌をキレイに保つのは大切ですが、気になるポイントをカバーするメイクをしてあげれば、美肌はすぐに作ることができます!
スキンケアで素肌を改善しつつ、うまくメイクでカバーして美肌を作ってあげましょう。


即席美肌はこう作る!欠点をカバーする美肌メイクとは


どんよりとしたクマをスッキリ!

クマはタイプに合わせてメイクを変える必要があります。
クマを押して色が薄くなる青クマと、色が変わらない茶クマには、筆タイプのコンシーラーがオススメです。
目元は皮膚が薄く動きが多いため、固形のタイプを使ってしまうと寄れてしまう場合があります。

青クマの場合はオレンジ系の色、茶クマにはイエロー系を使います。
手の甲でコンシーラーの量を調整し、斜め下に伸ばすように塗っていきます。
薬指の腹でポンポンと押さえるようになじませてあげましょう。

黒クマはたるみによる影なので、コンシーラーでカバーすることが難しいです。
厚塗りにしても崩れてしまうだけなので、クマに目を行かせない「視線誘導メイク」をおこなってみましょう。
違うパーツを目立たせることで、気になる点から目をそらさせるというメイクです。
リップを明るい色にしたり、アイラインをしっかり引くことで、自然と目をそらすことができます。


至近距離でも大丈夫!毛穴レスのメイク

毛穴の目立ちには、下地とファンデーションがポイントになってきます。
毛穴がデコボコになっている場合は、凹凸をカバーしてくれる下地を選ぶようにしましょう。
下から上に向けて、毛穴を埋めるようなイメージでつけてあげるのがコツです。
毛穴を埋めた後は、ファンデーションを薄づきでつけるようにしてください。
このときに厚塗りにしてしまうと、メイクが崩れたときに毛穴にファンデーションが落ち、目立つようになってしまいます。

毛穴の黒ずみが気になる場合は、色の力や光の力で黒ずみを目立たなくさせるタイプの下地がオススメです。
黒ずみが下地でカバーできれば、デコボコ毛穴と同じようにファンデーションは薄づきで済みます。
無駄につけてしまわないように、毛穴はとにかく下地でカバーすることが大切です。

まとめ

最近では高性能の化粧品がたくさん出回っているので、メイクだけで欠点をキレイにカバーすることができます。
肌質によって合う化粧品が変わってくるので、試せるようであれば、購入前に1度タッチアップをしておくようにしましょう。