乾燥肌は様々な肌トラブルを引き起こす!?その原因と改善法は?

最近肌トラブルが増えた気がする....。その原因はもしかしたら、乾燥肌にあるかもしれません。
肌がカサついてゴワゴワする乾燥肌ですが、実は様々なトラブルにも繋がる原因にもなってしまうのです。
一体どうして肌が乾燥してしまうんでしょうか?
改めてその仕組みを確認してみましょう。

 

 

乾燥肌とは?肌の状態はどうなっている?


正常な肌は角層の形が整っていて、お互いがつながりあっています。
しかし、乾燥している肌の角層は、大きさが不揃いで剥がれ落ちていたり、破れた状態になっています。
表面がスカスカになってしまっているため、肌のバリア機能が正常に働きません。
その結果、簡単に外部の物質が侵入できてしまうので、ダメージを受けやすいということになってしまうのです。

 

 

乾燥肌を引き起こす原因とは


まずはスキンケアが間違っていることがあげられます。
毎日の習慣で行うスキンケアですが、やり方を間違っていると肌の保湿力を低下させる恐れがあります。
洗浄力が強すぎる洗顔料を使っていたり、保湿が不十分だったりと、意外ときちんとしたスキンケアができている方は少ないのです。

次に生活習慣です。
最近では空調がガンガンにきいている場所が多く、自然と肌が乾燥するような環境に身を置くことが多いです。
それに加え、睡眠不足やストレスなどは、角質層の保湿能力を下げる要因になります。

何気ない日々の生活が、肌を乾燥状態に追い込んでいることもあるんですね。
極端なダイエットや偏った食事も、肌の乾燥につながります。
最近では、肌がプルプルなはずの10代の人でも乾燥に悩むことが増えていると言われています!

 

 

間違った保湿を見直して乾燥肌を改善しよう


シートパックを長時間おいたり、お風呂にゆっくりとつかって保湿を...なんてことをしている方は要注意です!
肌が濡れている状態をそのままにすると、角質層の細胞間脂質やNMFがなくなってしまいます。
これらの成分は、角質層を保湿するうえで重要なものです。
パックなどの商品は、説明書に書かれている正しい方法で利用するようにしてください。
せっかくスペシャルケアをしているのに、肌が乾燥してしまっては本末転倒ですよね。

「肌の保湿をした後は、油分でフタをしてあげる」ということは、よく耳にしますよね。
しかし、場合によっては逆効果になってしまう可能性があります。
特に、肌なじみの良いオイルを塗りすぎると、細胞間皮質のバランスが崩れやすくなります。
ワセリンは角質層に浸透しないので、皮膚を保護するのにぴったりです。今使っているオイルを、一度見直してみてくださいね。

乾燥を何とかしようと、とにかく色々な化粧品を使ってみる!というのも、控えるようにしてください。
すでに紹介したように、肌バリア機能が低下している状態では、外部の物質が侵入しやすいです。
必要以上に化粧品を使えば、それだけ肌に刺激を与えてしまうことになります。
なるべくシンプルなケアを心がけ、肌に刺激を与えないようにしてあげるのがポイントです。

 

 

まとめ


いかがでしたか?乾燥肌は、思っている以上に肌がボロボロの状態になっていましたね。
一見それほど乾燥していないように見えても、内側はダメージを受けている場合も多いです。
内側からふっくらとした美肌を目指すには、表面だけ対策するのではなく、根本的な部分から乾燥肌対策をしていく必要があります。
化粧品でケアをするだけではなく、生活習慣や食生活を見直し、内側から健康的な肌を目指しましょう!
乾燥が解消されれば、化粧ノリ良くなりメイクが楽しくなりますよ。