毛穴レスの美肌になるには?毛穴ケアのポイント

頬や鼻の毛穴がぽつぽつと目立つと、鏡を見るたびに嫌な気持ちになってしまいますよね。
特に小鼻の毛穴に悩まされる女性は、少なくありません。
そんな毛穴のトラブルにはいくつかの種類がありますが、毛穴レスの美肌になるには、どういった対策をとればいいのでしょうか。

 

毛穴レスの美肌になるには?毛穴ケアのポイント

 

つまりが気になる角栓毛穴

まずは鏡で自分の毛穴をよく見てみましょう。
毛穴ににゅるっと角栓が詰まっているようであれば、皮脂や汚れが詰まった角栓毛穴です。
角栓をそのままにしてしまうと、毛穴が開いた状態になってしまいます。

角栓の70%がタンパク質だと言われているので、タンパク質を分解してあげることで毛穴の詰まりをすっきりとさせることができます。
酵素が使われた洗顔は、角栓を分解して除去してくれます。
角栓が酸化して黒ずみになってしまう前に、汚れを取り除いてあげましょう。
角栓が気になっても、絶対に引っ張って抜くようなことは行わないでください!
一時的に角栓がなくなっても、また角栓ができて悪化してしまいます。
 

 

つまりはないけど毛穴が開く

ミカンの皮のように、毛穴が丸くボコボコとあいているという場合は、開き毛穴になります。
皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が開きっぱなしになっている状態です。
オイリー肌の人がなりやすい毛穴のタイプで、皮脂を抑制してあげるようなケアが必要になります。

油っこい食事や皮脂を増やしてしまうような食材は避けるようにして、栄養バランスの良い食事をとるようにしましょう。
特にジャンクフードやスイーツは、皮脂に分泌を活発にしてしまいます。
スキンケアでは、油分の多いものは使わないようにして、皮脂をコントロールできるビタミンC誘導体を使った基礎化粧品をとりいれるようにしてください。

 

楕円上にたるんだ毛穴

毛穴の形が楕円上だったり、毛穴と毛穴がつながってしまっている場合は、たるみ毛穴の可能性が高いです。
加齢とともに肌の弾力が失われることで、徐々にたるみ毛穴が悪化していきます。
毛穴を引き締めるには、肌の弾力やハリを回復してあげることがポイントになります。

コラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体を使った基礎化粧品を使い、内側からふっくらとした肌を作ることで毛穴を改善することができます。
また、表情筋の衰えによる顔のたるみでも毛穴が開く場合があるので、表情筋を鍛えるようなエクササイズを取り入れるようにしましょう。

この内容で送信します。よろしいですか?