体の中から美肌をつくる!意識して取り入れたい食材は?

スキンケアには力を入れていても、食事から美肌をつくる意識をしている方は少ないのではないでしょうか?
どんなに外からお手入れをしても、肌を作るのは内側です。
美肌に効果的な食材を取り入れ、内側から美肌を目指していきましょう!

 

体の中から美肌をつくる!意識して取り入れたい食材は?

 

イソフラボンが豊富な大豆製品

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きがある成分として良く知られていますよね。
豆腐や豆乳といった大豆製品には、イソフラボンが豊富に含まれるため、シミやたるみといったエイジングサインの予防、コレステロールの抑制などの効果があります。
また、必須アミノ酸がバランスよく含まれていて、良質なたんぱく質になるので、肌だけではなく髪や爪などの健康にもプラスの効果があります。
 

朝食のおともにヨーグルト

発酵食品であるヨーグルトは、腸内環境を整える働きがあります。
乳酸菌が悪玉菌の増加を抑えてくれるため、便秘が気になる方は要チェックです。
それ以外にも、肌の潤いに関係するセラミドや代謝を良くするビタミンB2を含むため、美肌効果も抜群です。
オリーブに塩やはちみつ、ジャムなど、様々なアレンジ方法があるため、飽きることなく食べることができる食材です。
 

抗酸化作用が高いブルーベリー

ブルーベリーは、抗酸化作用が非常に高い果物になります。
濃い紫色の色素をつくるアントシアニンや、ビタミンCやEという、抗酸化効果が高い栄養素が目白押しです。
小さいながらも食物繊維が多いため、便秘解消にもぴったりです。
ヨーグルトと一緒に食べたり、スムージーに混ぜたりして食べるのがおすすめです。
 

色鮮やかなパプリカ

ピーマンの大型種であるパプリカは、美肌効果が非常に高い野菜になります。
抗酸化作用のあるビタミンである、βカロテンとビタミンC、ビタミンEの全てを豊富に含んでいます。
特に美白効果が高く、なんとビタミンCはピーマンの倍以上含まれています!
色によって若干成分が異なり、赤にはカプサイシン、黄色にはゼアキサンチンという成分が含まれています。
これらの成分にも高い抗酸化作用がありますよ!
 

まとめ

様々な食材を紹介しましたが、気になるものはありましたか?
どれも比較的取り入れやすい食材なので、ぜひ普段の食事に使ってみるようにしてください。
特にヨーグルトは朝食に食べやすいので、きな粉やはちみつ、ブルーベリーを混ぜて食べてみてくださいね。

この内容で送信します。よろしいですか?