頑固なシミも治療で消せる?その方法と仕組みとは

鏡を見るたびに目に入る顔のシミ。何とかして消したいと思う方が多いのではないでしょうか。
皮膚科での治療であればすぐに効果が出るのでは?と感じますが、実際スキンクリニックでシミの治療を行う場合、どういった方法で治療をするのでしょうか。
シミ治療について詳しくチェックしてみましょう!

 

頑固なシミも治療で消せる?その方法と仕組みとは

 

スキンクリニック(皮膚科)などで行うシミ治療の方法と仕組み

シミ治療といえば、レーザー治療を想像する方が多いと思いますが、外用薬や内服薬で治療を行うことがあります。

外用薬の場合、ハイドロキノンと呼ばれる漂白作用が強い成分、トレチノインという肌のターンオーバーを促す成分が使われることが多いです。
市販の化粧品にも使われていることが多いですが、クリニックで処方されるものは濃度が高いです。

内服薬では、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンE、メラニンの発生を抑制するトランサミンなどを飲む場合が多いです。
これらの薬を飲むことで、徐々にシミを薄くすることができます。

レーザー治療の場合は、メラニン色素に反応するレーザーをあてることで組織を分解し、かさぶたとしてシミを浮き上がらせるという仕組みで治療を行います。
傷跡が残ることもほとんどなく、基本的には1回で治療が済むため、最近ではレーザー治療を行う女性が増えています。
他にも、フォトフェイシャルによる光治療があります。
光エネルギーを肌にあてることで、メラニン色素に反応をさせるという仕組みです。

このように様々な治療方法が存在しますが、シミの種類やサイズに合わせて治療方法を変えるのが一般的です。


 

自力でケアするには

こういったスキンクリニックでの治療は、効果が高いものの費用もかさんでしまいます。
自力でシミをケアするには、メラニンを抑制しながら、ターンオーバーを促して排出をしてあげることがポイントになります。
クリニックの治療でも使われるように、ビタミンCやEは、抗酸化作用が高い栄養素です。
サプリメントを飲むことで、メラニンを抑制することができます。

それと合わせて、ターンオーバーを促進するために、定期的に肌のピーリングをおこなってあげましょう。
ピーリングは刺激が強いものも多いので、自分の肌に合わせて商品を選ぶようにしてください。
クリニックのレーザー治療などに比べるとどうしても時間がかかってしまいますが、コツコツとケアをしてあげれば、必ずシミは薄くなりますよ。

この内容で送信します。よろしいですか?