出来てしまったシミを消したい!日々に取り入れたい対策は?

顔にぽつぽつとできるシミが気になる!何とかしてシミを消したいと悩んでいる女性が少なくありません。
気がついたらできているシミですが、何が原因でできてしまうのでしょうか?
原因と改善方法について、詳しく紹介していきます。

 

出来てしまったシミを消したい!日々に取り入れたい対策は?

 

シミが出来る原因とは

一つ目の原因は紫外線です。
日焼けをするとシミができてしまいますが、これには紫外線によるダメージが影響しています。
波長の短いUVBは肌の細胞を破壊して、DNAを傷つけてしまいます。この紫外線から細胞を守るために、メラノサイトが刺激されてメラニン色素が作り出されます。

次に、活性酸素の影響です。
ストレスや喫煙、睡眠不足、飲酒などは、活性酸素を発生させます。
このとき活性酸素を取り除こうと、メラノサイト刺激ホルモンという成分が分泌されます。
名前を見て分かるように、このホルモンが作用してメラニン色素が作られていきます。

どちらも肌を守るためにメラニン色素が作られていますが、過剰に生成されてしまうことでシミができてしまいます。
また、この2つ以外にも、日焼けや摩擦ニキビやケガなども実はシミに影響を及ぼします。
これらの要因によって肌が炎症を起こすと、その炎症を治そうと新たな細胞が作られていきます。
細胞が活性化することでメラノサイトも一緒に活性化し、メラニン色素が生成されてしまいます。

 

シミの改善方法

先ほど紹介したように、紫外線・活性酸素・炎症の3つがシミの原因になります。
そのため、紫外線対策をしっかりと行ったうえで活性酸素を除去するような食生活、炎症が起きないようなスキンケアを行うことで、シミを改善することができます。
紫外線対策には、日焼け止めを塗るのが最も効果的です。

活性酸素を抑えるには、バランスの良い食事をとるのがポイントです。
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEには、抗酸化作用があるため、これらを多く含む食材を積極的に摂るようにしてあげましょう。
サプリメントを活用するのもおすすめです。

スキンケアに関しては、摩擦をはじめとする外部の刺激に負けない肌を作るために、保湿ケアを徹底して行うようにしましょう。
肌が潤っていると、表面のバリア機能がしっかりと働くようになります。
肌環境を整えてあげるだけで、炎症が起きにくい状態になってくれます。
また、炎症がすでに起きている場合は、刺激の少ない敏感肌用のスキンケア用品を使うなどをして、肌に余計な刺激を与えないようにするのが大切です。