紫外線ケア!夏の日焼けから肌を守るには?

夏といえば、海に山にバーベキュー!アクティブに遊べる季節ということもあり、外出をする人が多いのではないでしょうか?
しかし、年々気温が上がり日差しも強くなる日本の夏は、紫外線の量も非常に多いです。

 

紫外線ケア!夏の日焼けから肌を守るには?

 

なんとなく夏の紫外線は肌に良くないと分かっていても、実際のところどういった影響があるのかイマイチ分からないという女性が少なくありません。
今回は、夏の紫外線について詳しく紹介します。

 

夏の紫外線について

紫外線は1年中降り注いでいるということは、1度は耳にしたことがあるかと思います。
しかしその中でも夏は別格です!冬の2倍の紫外線があると言われていて、特に7~8月は1年で最も紫外線の量が多い時期になります。
普通に生活をしているだけで、なんと真夏の海に1時間いるのと同じだけの紫外線を浴びているんだとか....。
そのため、洗濯干しやちょっとした買い物など、少し外出するだけでも紫外線は私たちの肌にダメージを与えてしまっています。

 

夏の紫外線が肌に与える影響

紫外線には波長の長いUV-Aと、波長の短いUV-Bが存在します。
UV-Bは目に見えて影響のある紫外線で、日焼けをするのはこのUV-Bの影響になります。
肌が火傷状態になってしまうので、乾燥が酷くなり、メラニンが過剰に生成されることでシミやそばかすの原因になってしまいます。

UV-Aは肌が日焼けするといったような一目でわかる影響はありませんが、肌の真皮にダメージを与えてしまいます。
コラーゲンやエラスチンなどの、肌のハリや弾力を保つ成分を生み出す繊維芽細胞にダメージを与えるため、老化が一気に進んでしまいます。
シワやたるみといったエイジングサインにつながるので、油断できない存在ですよ!
 

紫外線から肌を守るために気をつけたいこと

紫外線から肌を守るためには、とにかくUVケアが重要になります。
頬や額、鼻などの出っ張った部分は、紫外線を受けやすくなっています。
汗で落ちてしまう部位にもなるので、小まめに日焼け止めを塗りなおすようにしましょう。
また、家事や買い物をするちょっとした外出でも、紫外線は容赦なく私たちの肌に降り注いでいます。
日傘や帽子、UV手袋などをうまく活用して、紫外線をブロックしてください。

また、UVケアだけではなく、保湿ケアも肌を守る助けになってくれます。
乾燥をしているとバリア機能が低下し、紫外線のダメージを受けやすくなります。
しっかりと保湿をして、肌本来のバリア機能を高めてあげましょう!