夏に起こりやすい肌トラブル!対策と改善方法は?

色々な楽しみがある夏ですが、高温多湿な日本の気候で夏バテになってしまうことも少なくありません。
そんな夏には、様々な肌トラブルが起きやすいと言われています。
一体どのようなトラブルがあるのでしょうか?対策と合わせてチェックしてみましょう。

 

夏に起こりやすい肌トラブル!対策と改善方法は?

 

 

夏の肌に起こりやすいトラブル

インナードライは、一見乾燥しているように見えないのに、内側が乾燥している肌のことです。
夏には汗や皮脂が増えるので気がつかないですが、実は肌が乾燥してしまっていることが多いです。
乾燥をしてしまうと、ニキビや吹き出物、肌のゴワツキ、かさつきなどのトラブルを引き起こしてしまいます。

他にも、紫外線の量が多い夏には、肌が紫外線ダメージを受けてトラブルを起こします。
日焼けによる乾燥、メラニンの過剰生成によるシミの増加、コラーゲンが破壊されることによる弾力の低下、それにともなうたるみなど、女性にとって避けたいトラブルがたくさんあります。
 

対策と改善方法

インナードライの対策には、保湿ケアが大切です。
汗や皮脂があるからといって、自分の肌の状態を間違って認識してしまうと、スキンケアの方法も間違ってしまいます。
普段はそうでもないのに夏だけ皮脂の分泌が多くなるという方は、インナードライの可能性が高いです。
保湿ケアをしっかりと行って十分に水分を入れてあげれば、過剰な皮脂が分泌されることはありません。
洗浄力の高い洗顔を使ったりあぶらとり紙を頻繁に使うと、逆に皮脂の量が増えてしまいます。
まずは油分と水分のバランスを整えてあげることを意識してください。
空気が乾燥している室内では、加湿器を使うなどの対策をとり、肌の水分が蒸発してしまうような状態をさけることも大切です。

紫外線対策には、とにかく日焼け止めを塗ることがポイントです。
数値の高いものを塗ればいいというわけではありません。肌に負担の少ない数値を選び、何度も塗りなおすようにしましょう。
合わせて、すでに受けてしまったダメージから肌を回復させるために、美白ケアや肌の弾力アップのスキンケアを行いましょう。
ここでメラニン対策をおこなっていないと、後々シミやそばかすが一気に増えることになります。
面倒ですが、しっかりと紫外線ダメージケアを行ってください。

肌の弾力低下には、成分を補ってあげる必要があります。
たるみにより美容液などをプラスする、サプリを飲むなどの対策をとってあげましょう。