暑くても手抜きはNG!夏の肌保湿で気をつけたいこと

高温多湿な日本の夏は肌がべたつくので、保湿ケアをあまりしていないということはありませんか?べたつきから肌が潤っていると勘違いしてしまいますが、実は夏こそ保湿をしっかりとする必要があります!

 

暑くても手抜きはNG!夏の肌保湿で気をつけたいこと

 

夏の保湿はどういった点に気をつければいいのでしょうか?今回は夏の保湿ケアについて詳しく紹介してきます。

 

夏も肌の乾燥に注意

汗や皮脂でべたつく夏のお肌ですが、インナードライになる女性が多いと言われています。その原因は、主に紫外線と冷房です。一見潤っているように見える肌も、あくまで皮脂と汗でそう見えているだけで、内側はカラカラに乾燥しています。

紫外線は肌を焼いてしまうだけではなく、真皮のコラーゲンにダメージを与えてしまうため、内側がボロボロになってしまいます。ターンオーバーも乱れやすくなるため、古い角質が肌に残ってゴワツキにつながることもあります。


今や冷房なしでは過ごせない夏の気温の高さですが、冷房は空気を乾燥させてしまいます。室内にいるだけでもドンドン肌の水分が奪われ、体も冷えてしまうので血行が悪くなりくすみにつながりやすいです。こういった原因から、夏の肌は乾燥に注意をする必要があります。

 

夏の保湿ケアで気をつけたいことやポイント

まずは基本的なスキンケアの見直しを行いましょう。皮脂を落とすためにさっぱりとする洗顔や基礎化粧品を使っている方は、肌の水分が足りなくなっている可能性が高いです。余分な皮脂を落とす必要はありますが、潤いをキープできるような洗浄力が高すぎない洗顔を使ってあげましょう。

 

基礎化粧品は保湿重視のものに切り替え、肌にしっかりと水分を入れていきます。セラミドやヒアルロン酸、水溶性コラーゲンなどの成分がおすすめです。週1回程度、シートパックを使ってみるのもおすすめです。


日中の冷房対策には、加湿器が効果的です。最近ではデスクでも使えるような小さな加湿器が販売されているので、ぜひチェックしてみてください。加湿器が使えないようであれば、コップに水を入れておいて置いたり、濡れタオルを置いておくようにしましょう。

 

トイレや休憩時間には、ミストタイプの化粧水やクリームなどを用意しておき、乾いた肌に水分をチャージしてください。朝と夜のスキンケアだけではどうしても冷房の乾燥に負けてしまうので、そういった場合はうまく日中にも保湿ケアを行ってあげるのがポイントです!