夏の肌くすみはなぜ起こる?原因と対策方法

肌がどんよりと暗く、疲れたような印象に見えてしまうことはありませんか?
太陽がサンサンと降り注ぐ中の夏のくすみ肌は、より一層疲れが目立ってしまいますよね。


夏の肌くすみはなぜ起こる?原因と対策方法


肌の透明感がなくなってしまうと、顔色が悪く見えてしまうので、何とかしてくすみを解消したいですよね。
今回は、夏のくすみ肌について詳しく紹介します!


夏に肌がくすむ原因

くすみといっても、夏のくすみ肌には様々な原因があります。
日焼け対策があまりできていない方は、紫外線ダメージによる日焼けが原因になります。
紫外線を浴びると、肌を守るためにメラニンがドンドン生成されていきます。
本来は体を守るために大切なメラニンですが、過剰に生成されると排出が追い付かなくなり、シミなどの色素沈着につながります。

お風呂上りにはくすみが改善されるという方は、血行不良によるくすみの可能性が高いです。
夏は気温が高く汗をかきますが、室内は冷房がガンガンに聞いているため身体が冷えやすいです。
また、暑いからとサッとシャワーで済ませてしまったり、冷たい飲み物ばかり飲んでしまうと、冷えから血行不良につながります。



予防、改善方法

日焼けによるくすみの場合は、「紫外線から肌を守ること」「美白ケアをおこなうこと」が改善の近道になります。
日焼けをしやすい方は、つい日焼け止めを塗り忘れたり、1度塗って満足している場合がほとんどです。
くすみはもちろんのこと、後々シミやそばかすが増えたり、肌の老化が進んでしまうので、日焼け止めをしっかりと塗るようにしましょう。
メラニンの生成を抑えてくれるビタミンC誘導体などを含んだ化粧品などを取り入れ、徹底した美白ケアを行い、メラニンがスムーズに排出される肌環境を整えてください。

血行不良によるくすみには、「冷えを解消すること」「血行を良くすること」が大切です。
エアコンなどの冷えには、足元を温めたりお腹にカイロを貼るなどで対策を取りましょう。
生姜紅茶を飲むのもおすすめです。
半身浴などをおこなって冷え体質を改善してあげれば、自然と肌のくすみも解消されていきます。

また、フェイスマッサージをおこなってあげれば、血行が良くなるためくすみをすぐに解消することができます。
メイク前には、クリームなどを塗って顔のマッサージをおこなってあげましょう。
そうすれば、血の巡りやリンパの流れが良くなるので、顔色が良くなるだけではなく、小顔効果も期待できますよ。