手を抜きがちな夏の保湿ケア!肌の乾燥を防ぐ対策とは

冬は肌が乾燥しやすい季節ということが分かっているので、意識して保湿ケアを行う方が多いのではないでしょうか。

 

手を抜きがちな夏の保湿ケア!肌の乾燥を防ぐ対策とは

 

しかしその一方で、夏は保湿ケアを忘れやすいこともあり、インナードライになっている方が多いと言われています。
冬はもちろんのこと、夏も乾燥しやすい季節になっています!
べたつくからといって、保湿ケアを行わなければ乾燥が悪化してしまうことも…。
 

夏に肌が乾燥する原因

日本の夏は高温多湿ということもあり、外気が乾燥していることはありません。
しかし日中のほとんどを過ごす室内は別です。
室内ではエアコンや扇風機を使っているため、部屋の空気が乾燥してしまい、肌の水分が奪われます。特に風が直接当たるのは要注意です。

もちろん、紫外線のダメージも乾燥に影響を及ぼしています。
紫外線は、肌の内側のコラーゲンなどを破壊してしまうため、真皮から乾燥が進みます。
肌が乾燥するとバリア機能が低下し、紫外線のダメージをより一層受けやすくなります。
そうなってしまうと負のスパイラルに陥ってしまうので、しっかりと対策をとるようにしましょう。

 

夏の保湿対策の方法

空調による乾燥対策には、小まめな保湿ケアがおすすめです。
化粧水をスプレーボトルに入れたりクリームを持ち歩き、トイレなどのスキマ時間に肌に潤いをチャージしてあげましょう。
また、空気の乾燥を改善するために、加湿器を使ったり、濡れたタオルを近くに干すなどの対策をおこなってあげましょう。
そうすれば、空調の乾燥を軽減することができます。
汗や皮脂の分泌が増えるため、どうしても保湿ケアが手抜きになりますが、夏こそ徹底した保湿ケアが大切になりますよ。

紫外線対策には、とにかく紫外線をブロックすることが大切です。
強い日焼け止めを使ってしまうと、逆に肌が乾燥してしまうこともあります。
日常使いには、保湿効果のあるSPF20程度の日焼け止めを使うようにしましょう。
大切なことは塗りなおすことなので、朝1回だけということにならないようにしてくださいね。

 

まとめ

べたつく夏に肌が乾燥するなんて盲点でしたね!ですが、考えてみると空調のガンガンにきいた部屋はとても乾燥しますよね?
自宅なら自分で調整ができますが、オフィスではどうしようもない場面があります。
そんな時は、デスクで使える加湿グッズや今回紹介したような保湿ケアの方法を試してみてくださいね!

この内容で送信します。よろしいですか?