夏に起こる肌のかゆみの原因と改善方法は?

夏になるとなぜか肌がかゆくなる!そんな悩みはありませんか?
かゆみが生じてしまうと無意識に掻きむしってしまい、痕に残ってしまうことも.....。
そうならないためにも、夏の肌のかゆみの原因と改善方法を確認しておきましょう。

 

夏に起こる肌のかゆみの原因と改善方法は?

 

夏に肌のかゆみが起こる原因

夏の肌のかゆみの原因のひとつとして、「汗」があげられます。
人間の肌は弱酸性の性質を持っていますが、汗にはアルカリ性の性質があります。
汗をそのままにしてしまうと肌もアルカリ性に寄ってしまい、肌に存在する菌にバランスが崩れてしまいます。
その結果、かゆみを感じたりチクチクと刺激を感じたりしてしまいます。

また、汗には塩分やアンモニアといった物質が含まれています。
こういった成分が肌に付着することでかゆみが生じてしまうこともあるので、汗は様々な面でかゆみにつながる原因といえます。

また、夏は日焼けやエアコンにより肌が乾燥しやすい状態になっています。
肌が乾燥してしまうと、バリア機能が低下するため刺激に敏感に反応するようになります。
そうするとちょっとした刺激でもかゆみを感じるようになってしまいます。
 

夏の肌のかゆみを改善するには

汗が原因と思われる肌のかゆみを改善するには、やはり、汗をこまめに拭いてあげることが大切です。
肌に優しい綿などの汗拭きタオルを持ち歩くようにして、汗を拭いて肌に残らないようにしましょう。
汗拭きシートを使うのもOKですが、肌が刺激に弱い状態になっていると、成分が合わない場合があります。
1度パッチテストをしてみるのが安心ですよ!最近では保湿効果のある汗拭きシートもあるので、うまく活用してくださいね。

乾燥対策には、徹底した保湿スキンケアと日中の保湿ケアが大切になってきます。
基礎化粧品は保湿重視のラインナップに切り替え、しっかりと潤いをチャージしてあげましょう。
それにプラス、日中の乾燥対策として、化粧水をスプレーなどに入れて使ってあげるのがオススメです。
もし使えるのであれば、加湿器をつけておくとエアコンの乾燥を軽減することができます。

日焼けによる乾燥を悪化させないためにも、紫外線対策を行うようにしてください。
肌の負担が少ないSPF20程度の日焼け止めを、小まめに塗りなおすようにしましょう。
レジャーなどでなければ、数値の高いものを使う必要はありません。
日傘を使ってあげれば、紫外線をブロックしつつ涼しく過ごすことができるので、ぜひ活用してくださいね。

この内容で送信します。よろしいですか?