油断大敵!夏の肌乾燥の原因と対策は?

乾燥が酷い季節といえば冬のイメージがありますが、実は夏の肌乾燥に苦しむ女性が少なくありません。
汗をかく夏の季節に、なぜ肌が乾燥してしまうのでしょうか?その原因と改善方法をチェックしてみましょう。

 

油断大敵!夏の肌乾燥の原因と対策は?

 

 

夏に肌が乾燥する原因

夏の乾燥肌の原因の一つは、紫外線のダメージです。
夏の紫外線は冬の2倍ともいわれていて、非常に多くの紫外線を浴びています。
肌の表面にダメージを与えて日焼けをするだけではなく、真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうため、肌の弾力も低下します。
日焼けはいわば火傷状態なので、肌の表面が乾燥してしまうことにつながります。

他にも、夏にはエアコンなどの空調が使われているので、その影響で肌が乾燥することもあります。
真夏は自宅でもオフィスでも、エアコンがガンガンに使われていることがありますよね?
エアコンの風を直接受けてしまうと、それだけでも肌の水分は蒸発します。
たとえ風が当たらないとしても、周りの空気が乾燥してしまうので要注意です!

間違ったスキンケアも、肌を乾燥させる原因の一つです。
肌がべたつきやすい夏は、スッキリとするような洗顔、さっぱりとした化粧品に切り替える方が多いです。
しかし、洗浄力の高い洗顔を使ってしまうと必要な皮脂も流れ落ちてしまいます。
化粧品の保湿力も足りずに、インナードライ状態になってしまう場合が多いです。

 

夏の肌の乾燥を防ぐ、改善するには

まずは紫外線ダメージを軽減するために、徹底した日焼け対策を行いましょう。
毎日数値の高いものを使う必要はないので、生活に合わせて使い分けてあげましょう。

大切なことは、塗りなおすことです。
朝1度塗って終わりにならないよう、小まめに塗りなおすようにしましょう。
最近では飲むタイプの日焼け止めも販売されているので、うまく活用してみるのもいいかもしれませんね。

エアコンの乾燥対策には、加湿器の利用がオススメです。
オフィスなどでどうしても自分では好きに調整ができないという場合は、コップに水を入れてデスクに置いていたり、霧吹きを用意しておくようにしましょう。

最後にスキンケアの見直しです。汗や皮脂がたくさん出るからといって、洗浄力の高い洗顔やクレンジングはNGです。
適度に余分な皮脂を取り、肌の潤いを保ってくれるようなものを選んでください。
基礎化粧品には、セラミドやヒアルロン酸などの保湿効果が高い成分が含まれているものを使うのがオススメです。