紫外線だけじゃない!夏の肌荒れの原因と改善法は?

強い日差しに汗ばむ気温....。
年々最高気温が上昇している夏の暑さに苦しめられている方も多いのではないでしょうか?
そんな夏は、紫外線がとても強いということもあり、肌荒れを起こしやすいです。
今回は、夏の肌荒れの原因と改善方法について紹介します。

 

紫外線だけじゃない!夏の肌荒れの原因と改善法は?

 

肌荒れの一番の原因は紫外線?

夏の肌荒れにとって一番の敵は「紫外線」です。
紫外線は1年を通して降り注いでいますが、中でも夏は量が多いです。
冬の2倍ともいわれていて、ちょっとした外出や洗濯干しなどのタイミングだけでも肌はダメージを受けてしまいます。

紫外線は日焼けをしてしまうというだけではなく、肌の内側のコラーゲンを破壊してしまうため、弾力が低下してたるみの原因にも繋がってしまいます。
日焼けで肌が乾燥してしまうので、肌のバリア機能がしっかりと機能しなくなってしまい、些細な刺激にも過敏に反応するようになって、肌荒れを起こしてしまいます。
紫外線による肌荒れには、紫外線をブロックすることと保湿ケアが効果的です。
日焼け止めは小まめに塗りなおすようにして、日傘や帽子を活用してあげるようにしましょう。

紫外線のダメージを改善するには、保湿を行い乾燥を解消し、肌のターンオーバーを整えることが大切です。
夏はどうしてもさっぱりとした使用感の化粧品を選びがちですが、保湿を徹底して行うようにしましょう。

 

汗も肌荒れに影響?!

夏は気温が高いということもあり、汗がたくさん出てきますよね。
体温を調整する働きのある汗は、暑い夏に大切な身体の動きになります。
しかし、汗に含まれる塩分や雑菌が肌に残ることで肌荒れにつながる場合があります。
汗はアルカリ性になっていて、そのままにしてしまうと雑菌が繁殖します。

それとは反対に汗腺が詰まって汗がうまく排出されないと、肌に皮脂膜をつくれないため、肌のバリア機能が低下して肌荒れを起こしやすいということもあります。
そのため、汗はしっかりと出しつつ、余分な汗は小まめにふき取って雑菌が繁殖しない状態をキープしてあげることが大切です。
あまり汗が出てくれないという方は、半身浴などを習慣づけることで代謝を上げて汗を出やすくする体質に変えていきましょう。


 

まとめ

夏は汗でメイクが崩れやすいので、それに肌荒れが加わるとより一層憂鬱になってしまいますよね。
日差しに負けない健康的な肌をキープするために、ぜひ今回紹介した方法を試してみてくださいね。

この内容で送信します。よろしいですか?