お尻と太もものダイエットで美脚を手に入れる方法

太ももを痩せたい人の中には、お尻のお肉も解消し、太ももからお尻までスッキリしたヒップラインを手に入れたいと思うこともあるのではないでしょうか。
でも、下半身についた脂肪は、なかなか痩せる効果につながらず苦労することも多いようです。
そこで今回は、下半身に効果的なダイエット法をピックアップして、太ももからお尻まで、効率よく細くする対策などをご紹介していきます。

 

 

お尻と太ももに脂肪がつく原因は?

 


女性の場合は、もともと下半身は脂肪がつきやすいうえに、むくみなどが起こりやすいため、老廃物で塊となった脂肪細胞の一種であるセルライトが太ももやお尻太りの原因になることも多いようです。
ではなぜ、下半身、太ももやお尻は脂肪がつきやすいのでしょうか?

理由はいくつかあります。
一つは、冷えによるものです。
気温が高いのに足が冷たい、下半身が冷えるといったタイプの方がいらっしゃるようです。
冷え性は、下半身太りに大きく関わっています。
体を冷やすと代謝が悪くなるといわれますが、冷えは代謝機能を弱め、老廃物や水分・脂肪を溜まりやすくしてしまいます。
冷え性の人は冷え性でない人よりも脚が細くなりにくいというデータがあります。

骨盤の歪みが原因になることもあります。
骨盤は内臓を支える役割があります。その骨盤が歪むことで筋肉のねじれが発生し、内臓が落ちてしまいます。
結果、下腹部やお尻が出てしまうという状態になるわけです。

運動不足のために脂肪がついてしまうことは、よく知られていますね。
女性の場合は、上半身よりも下半身の脂肪細胞が多く、下半身のほうが太りやすくなります。
丁度よい程度の運動を続けていれば、脂肪を燃焼させることもできているはずですが、筋肉量が少ないと、どうしても脂肪が溜まりやすくなってしまいます。

不規則な生活リズムにも注意が必要です。
睡眠の質の悪化、睡眠不足に陥ると成長ホルモンの分泌低下につながります。
成長ホルモンは、骨や筋肉の成長を促すだけでなく、脂肪代謝の促進に対しても働いてくれます。
睡眠の乱れは、脂肪を増やしてしまう可能性もあるのです。

 

 

 

お尻を鍛えてキレイな太ももを手に入れる

 


太ももからお尻をキレイに見せるためには、お尻を鍛えることもポイントです。
お尻を鍛えることで、綺麗な脚線を描けるスタイルに変身しましょう!

お尻の筋肉を鍛える簡単な方法ご紹介します。
1.両膝を立てた状態で仰向けに寝ます。
2.膝とくるぶしの間は握りこぶし一個分の間隔で、クッションなどを膝の間に挟みます
3.お尻を持ち上げる感じで、膝から肩まで一直線になる位置まで体を上げます。
4.お尻に手を当て足の付け根を伸ばすように、お尻の筋肉を太もも側へと押しながら3つ呼吸をキープしてください。
5.最後にお尻を支えながら、静かに体を下に下ろしたら終了です。

 

 

 

お尻と太ももを鍛えるエクササイズ

 


お尻、太ももなど下半身全体に脂肪が多く、たるんだように見える方は、お尻と太ももの両方を鍛えましょう!
下半身ダイエットの成功率が高いと言われる、おすすめのエクササイズをご紹介します。

 

 

 

簡単にできる足パカエクササイズ


1.手は横で、仰向けに寝ます。
2.足を天井に向けてまっすぐ垂直になるように持ち上げます。
3.両方のかかとをくっつけて、つま先を外側に向けます。
4.かかとをくっつけたままで、大きく左右に開きます。
5.開いたら後に、今度は閉じて元の位置へ戻します。
(太ももの内側に力を入れる意識で行ってください)

 

 

立った状態で行う、後方足上げエクササイズ

 


1.右手で壁やイスなどに捕まるようにして、バランスよくまっすぐ立ちます。
2.左足を前に出し、足首を直角に曲げます。
3.上半身はまっすぐのまま、直角に曲げた左足を一度後ろに引いてください。
4.引いた左足を、右足まで引き寄せるのですが、外側から内側へ引き寄せる力を意識したまま、後方へ引いていた左足をぐるぐる回転させながら引き寄せます。
5.左足が終了したら、右足も行ってください。

 

 

 

とても簡単、骨盤を閉じるエクササイズ

 


1.膝を立てるようにして、仰向けに寝ます。
2.カエル足のように、膝を左右に開きます。(足の裏はくっつけてください)
3.そのまま腰を上へ浮かせて数秒キープして完了です。

 

 

 

まとめ

 


いかがでしたか?太ももだけでなく、ヒップラインにも注目して、ダイエットに関する情報をいくつかご紹介いたしました。
ご紹介した運動以外でも、お尻太り解消・下半身痩せに効果的なエクササイズは、いくつも存在します。
美脚は、太ももだけに限らず、下半身全体の美しさから追及するもの。
歩く姿もかっこよくみえそうな整った脚線美を、日々の鍛練で手に入れてください。