第一印象の好感度アップ!感じのいい笑顔の作り方

初対面の人が感じのいい笑顔だと、どういった印象を持ちますか?
第一印象はほぼ見た目で決まってしまうと言われていますが、笑顔が素敵な人には好印象を持ちますよね。
その一方で、笑顔が固かったり不機嫌そうな顔をした人は、どうしても第一印象が悪くなってしまいます。
そうならないためにも、感じのいい笑顔の作り方をマスターしておきましょう!

 

第一印象の好感度アップ!感じのいい笑顔の作り方

 

 

笑顔が周囲に与える印象や笑顔の効果

目の前に笑顔のひとと無表情の人がいると、どう感じますか?
笑顔の人はとても明るい印象を持ち、無表情の人には暗い印象を持ちますよね。
このように笑顔は、周りの人からの印象を大きく左右してしまいます。
本当は性格が明るいと言われても、ムスっとしていればそれは伝わりません。
あくまでも見た目で判断されてしまうので、笑顔の影響は非常に大きいです。

笑顔には周りに影響を与える以外にも、ストレス解消効果や免疫をアップして病気を予防する効果などがあります。
また、表情筋をしっかりと動かすので、むくみやたるみ予防の効果があります。
美容や健康にもプラスの影響があるので、ぜひ素敵な笑顔を手に入れてみましょう。

 

感じのいい笑顔の作り方

感じのいい笑顔のコツは、口の動きにあります。「い」という口の形が、口角が上がり素敵な笑顔に見える動きです。
上の歯が見えるくらいに口角をあげるのがポイントです。
「いーーー」と長く言うようなイメージで動かしてあげると、笑顔が作りやすいかと思います。
このとき、左右非対称であったり目が笑っていないと、とても固い笑顔に見えてしまいます。
鏡を見ながら口元をチェックし、自分の顔の特徴を知った上で笑顔をうまく作れるように練習してください。
口元を隠した状態でも目が笑っているように見えるのが、ベストな目元です。
三日月のような月目を目指して動かしてみましょう。

練習をしていて気がつくと思いますが、日頃あまり表情筋を動かしていないと、筋肉がとても動きにくいです。
より笑顔をつくりやすくするためにも、「ウ・イ体操」をおこなってみましょう。
やり方は簡単で、ウとイの口の形を5秒ずつ交互に作るだけです。
日常的に筋肉を動かしてあげることで、笑顔をつくるときにも自然に口角をあげることができます。
スキマ時間にぜひやってみてくださいね。エクササイズをおこなう際は、必ず鏡を見て形を確認しましょう。
何も見ずにやってしまうと、歪んだ状態で筋肉を使うことになってしまいますよ!