口元のたるみ防止にも!美人に見える口角トレーニングとは

「機嫌が悪い?」「怒っている?」特に何もしていないのに、こんなことを言われてしまうことはありませんか?
その原因はもしかしたら、口角が下がっていることにあるのかもしれません。
口角が下がってしまうと、不機嫌に見えたり疲れて見えたりしてしまいます。
そうならないためにも、口角トレーニングで口元をスッキリと見せてみましょう!
 

口元のたるみ防止にも!美人に見える口角トレーニングとは

 

 

口角トレーニングとは

口角が上がっていると、明るい印象をうけますが、反対に口角が下がっていると暗い印象になってしまいます。
この口角に関係する筋肉が口筋と舌筋で、普段あまり表情をつくらない人はどうしてもこの筋肉が衰えてしまいます。
その結果たるみが生じ、不機嫌そうな見た目になります。
この口角周辺の筋肉を鍛えるのが、口角トレーニングです。
 

 

口角トレーニングの効果

口角トレーニングを行うことで、口周辺の筋肉を鍛えることができ、口角がキュッと引きあがってくれます。
また、口角以外にも、唇の周辺や頬の筋肉も引き締まるため、頬のたるみやほうれい線改善にも繋がります。

顔の筋肉は、足などに比べて薄くなっているので、トレーニングの成果を実感しやすいです。
口角トレーニングを継続して、若々しく明るい口元を手に入れましょう。

 

口角トレーニングの方法

「ウインクトレーニング」は、頬に近い筋肉を鍛えるのに効果的なトレーニングです。
片目を閉じてウインクをし、閉じた目に頬と口を近づけるような形で引き上げます。
これを5秒キープして、反対側も行ってください。
3往復行えばOKなので、これを1日3セット行います。
頬と口を引き上げるのはなかなか難しいので、まずは鏡を見て筋肉を動かせているかチェックをしてください。

次に、唇周辺を鍛える「風船トレーニング」です。
口の中に空気をためて唇を閉じます、そこから右の頬→左の頬→上唇の内側→下唇の内側の順番で、空気を寄せていきます。
それぞれ5秒間キープしてあげましょう。これを3回繰り返してください。
口の周りの筋肉をほぐす効果もあるので、ぜひ挑戦してくださいね。
 

 


口角の下がりは、見た目の印象を左右してしまいます。
第一印象が暗くて不機嫌....なんてことにならないように、口角トレーニングでキュッと口元を引き上げてあげましょう!
慣れるまでは筋肉が動いているかどうかを確かめながら、丁寧にトレーニングを行ってあげるのがポイントです。