愛される笑顔は練習でつくれる!笑顔の練習方法

カメラを向けられると、顔が強張ってしまう。
写真を見るとなぜかいつも笑顔が固い.....。
そんなお悩みはありませんか?
せっかくの思い出も、ひきつった笑顔だと台無しになってしまいますよね。
そんな自然な愛され笑顔は、練習で作ることができるんですよ!
なかなか笑顔の練習をすることはありませんが、笑顔が苦手な方はぜひ練習をしてみましょう。

 

愛される笑顔は練習でつくれる!笑顔の練習方法

 

 

「ウキウキトレーニング」で筋肉を動かす

笑顔が作れない原因は、笑顔をつくる際に使う口元・頬・目元の筋肉が硬くなってうまく動かせていないことです。
使わなければ筋肉は硬くなり衰えてしまいます。まずは筋肉を柔軟に動かせるように、積極的に動かしてみるようにしましょう。

簡単なトレーニングが、「ウキウキトレーニング」です。
口をすぼめて「う」、口角をあげながら「き」の口を作ってください。
鏡を見ながら筋肉を意識し、左右に歪みがないかバランスをチェックしてあげましょう。
テレビを見ながらなど、1分ほど繰り返してください。
 

 

自信をつけて内側から!

自分に自信がないと、うつむいてしまったりあまり人目につかないようにしてしまいますよね。
例えば、歯に何か詰まっているかも....と思えば、何とか笑顔をつくらないように口を閉じてしまうなんてこともあります。
身だしなみを整えて自信をつければ、自然と笑顔が作れるといったこともあります。
笑顔がおかしくないか不安....という方は、鏡で練習をしてこれ!という笑顔の作り方を身につけておきましょう。
そうすれば、人前でも自信をもって笑顔になることができます。

 

笑顔になれるものをつくる

何気なく話をしているとき、自分の大好きな趣味や物の話になれば自然と笑顔になりませんか?
笑顔になれるようなものを作っておけば、それだけで笑顔の練習をすることができます。
普段の会話の中で自然と笑顔を入れられるようになるので、ちょっとした場面でも笑顔をつくることができるようになります。
好きなものを想像すると笑顔になるという特性を生かし、人前に出たりカメラを向けられた時は、それを想像してあげるのもおすすめです。
恋人や大好きなペット、赤ちゃんを想像すると、自然と笑顔になるかと思います。
 

 

慣れない笑顔をつくると、どうしても疲れてしまいますよね。
ですが、そこは練習あるのみです!魅力的な笑顔をつくれるように、早速鏡の前で練習を始めてみましょう!