張り出した太もも外側に効果的なエクササイズとは

まっすぐとしたラインの太ももは、美脚にとってとても大切な存在です。
そこまで太さがなくても、肉のつき方次第では太く見えてしまうこともあります。
太ももにとって大切なのが、外側に張り出さずに引き締まった筋肉を手に入れることです。
たとえ細くても、ぷよぷよした太ももはあまり魅力的ではありません。
海外モデルのようなセクシーな太ももを手に入れるには、どのようなエクササイズをおこなえばいいのでしょうか?

 

張り出した太もも外側に効果的なエクササイズとは

 

太もも外側が張ってしまう原因

太もも外側のハリは、ほとんどが脂肪です。
固くて筋肉なのでは?という場合もありますが、ガッツリと筋トレをしていない限り、冷えて固まってしまった脂肪であることが多いです。
単純に太ったことで太もも外側に脂肪がつくこともありますが、股関節のねじれから外側に脂肪が流れ、余分な筋肉がついてしまうこともあります。
股関節の状態を良くし、脂肪を柔らかくしてあげることが、太もも外側を細くするポイントになります。
ギュッと握ってデコボコしてしまうようであれば、合わせてセルライトケアも行ってあげましょう。
 

 

太もも外側に効果のあるエクササイズ

まずは股関節のストレッチで、可動域を良くしていきます。
仰向けに寝て、右足を床と平行になるように曲げます。
グルグルと円を描くように大きく回し、脚の付け根が動いていることを感じてください。
内回りと外回りをそれぞれ3~5回ずつ行います。反対側も行ったら、次に両膝を揃えて90度になるように曲げてください。
この状態で左右に足を倒します。
肩が浮かないようにするのがポイントです。
左右10回ずつ行いましょう。

次に外側の外転筋を鍛えるエクササイズです。
横向きに寝て、下側の脚を曲げます。
片方の手を床につけて身体を支え、反対側の手を頭に添えます。
その状態で上側の脚を上下させます。
腰の高さまで上げられるように頑張りましょう。
10回行ったら、逆の脚も行ってあげてください。
スペースをそれほどとらず「ながら」でできるので、気軽に取り入れることができます。
ぜひテレビを見ながらやってみてくださいね!


太もも外側のエクササイズを紹介しましたがいかがでしたか?
太もも外側の張りは、それだけで脚が太く見えてしまいます。
スッキリとしたまっすぐの脚になるために、張りを取り除いてエクササイズで引き締めてあげましょう!

この内容で送信します。よろしいですか?