落ちづらい?太もも外側についたセルライトを落とすには

「ダイエットをしているのに、なかなか太もものサイズが落ちない....」ということはありませんか?
その原因はもしかしたらセルライトにあるのかもしれません。
セルライトは落ちにくいと言いますが、どうすればセルライトを解消してスッキリとした太ももに慣れるのでしょうか?
セルライトがついてしまう原因と合わせて、改善方法を考えてみましょう。

 

落ちづらい?太もも外側についたセルライトを落とすには

 

 

セルライトとは

皮膚をギュッとねじってみてください。
もし表面がデコボコとしていたら、それはセルライトです。
女性の9割にセルライトがあると言われていて、痩せている人にもできてしまうのがセルライトの特徴です。
身体のめぐりが悪くなることで余分な水分や老廃物がたまり、それが脂肪細胞と絡み合ってものがセルライトです。
コラーゲン線維と癒着することで、肌をデコボコにしてしまいます。
 

 

太ももにセルライトがついてしまう原因

セルライトがついてしまう原因の一つは、運動不足です。
年齢とともに筋肉は衰えていきますが、運動をしていないとより一層筋力が弱まります。
筋肉量が低下することで基礎代謝が悪化し、それに加えて血液やリンパを流すポンプの働きも弱まるため、老廃物が貯まりやすくなります。
また身体の冷えも、リンパと血の巡りを悪くしてしまうため、ため込みやすい身体になってしまいます。
これらの要因が合わさることで脂肪と老廃物が混ざり、セルライトとして成長していきます。

 

太もものセルライトを改善するには

まずはリンパと血行を良くし、ため込まない体づくりを心掛けましょう。
おすすめなのが、半身浴とマッサージです。
半身浴を行うことで身体全体の血流が良くなり、自然と下半身のめぐりも良くなります。
その状態でマッサージをおこなってあげれば、徐々にセルライトを減らすことにつながります。

つま先から太ももにかけて、セルライトを潰すようなイメージでマッサージしてください。
次に、リンパマッサージで余分な水分と老廃物を流します。
リンパマッサージというと痛いイメージですが、強い圧をかけてしまうと流れが悪くなってしまいます。
リンパ管は皮膚の2mmほど下にあるので、撫でるようにマッサージをするだけでOKです。

また日常生活の中でも、積極的に身体を動かし、身体を冷やさない対策をとってください。
トイレのついでに屈伸をしたり、脚を動かしてあげるだけでも十分です。
余裕があるようでしたら、積極的に運動を取り入れるようにしましょう。