太もも外側よりも内側!脚やせの筋トレ方法とは

太もものサイズが気になってスキニーパンツがはけない....。
そんな悩みを抱える女性は少なくありません。
全体的なサイズの問題だけではなく、内側と外側のお肉のつき方によって、必要以上に見た目が太く見えてしまうこともあります。
キュッと引き締まったスキマのある太ももに憧れますよね。
今回は、内側の筋肉を引き締めてスッキリとした太ももになる秘訣を紹介します!

 

太もも外側よりも内側!脚やせの筋トレ方法とは

 

太ももの筋肉の構造

太ももには、身体の中でも大きな筋肉が集まっています。
前ももから外側にある大腿四頭筋、裏側になるハムストリングス、内側の内転筋です。
これらの筋肉が組み合わさることで、私たちは脚を自由に動かすことができます。

女性は男性に比べて筋肉がつきにくいため、太ももの筋肉が弱っていることが多いです。
太ももの筋肉を鍛えてあげれば、スッキリとした脚のラインができるだけではなく、
大きな筋肉を鍛えることになるので、自然と基礎代謝が上がると言われています。
全身痩せにも効果的なので、特に集中的に鍛えてあげたい部位になります。
 

 

太もも外側と内側の違い

太ももが太いという場合は、太ももの外側の筋肉が必要以上についていることがあります。
日常の動作でもよく使う部位になっているため、歩いたり走ったりと普段の生活の中で自然と筋肉がついてしまいます。

美しいシルエットを手に入れるには、外側ではなく内側を鍛える必要があります。
外側を鍛えてしまうと、太ももが外に張り出したような形になってしまうことも....。
椅子に座っていて自然と足が開いてしまう場合は、内転筋が弱ってしまっています。
この内側の筋肉をしっかりとつけてあげれば、スキマのある美しい太ももラインになってくれますよ!
 

 

太もも内側の筋トレ方法

太ももの内側を鍛えるには、雑誌などの本を使ったトレーニングがおすすめです。
やり方はとても簡単で、椅子に座った状態で本を膝に挟み、脚をぴったりと閉じるだけです。
内転筋が弱まっている方は、これだけでもかなりつらく感じてしまうと思います。
何かを挟むのは難しいですが、通勤時やオフィスでも意識をして脚を閉じるようにしてあげれば、それだけでも内側の筋肉を刺激することができます。
ボールやクッションを使ってもOKです!

また、脚を肩幅以上に開いて行うワイドスクワットも、内転筋のトレーニングに効果的だと言われています。
スクワットは運動効果が高いため、無理に回数を増やす必要はありません。
鏡を見てフォームをチェックし、正しい方法で行うようにしてあげましょう。