口輪筋トレーニングでマリオネットラインが消える?その方法とは

口元に刻まれたマリオネットライン。ほうれい線と並んで、老け顔の原因となる女性の大敵です。
肌がツルツルでも、シワがスッと入ってしまうだけで、見た目が老けて見えてしまいます。
そんなマリオネットラインを改善するには、口輪筋を鍛えることが大切だと言われています。
一体なぜ口輪筋を鍛えると、マリオネットラインが解消されるのでしょうか?

 

口輪筋トレーニングでマリオネットラインが消える?その方法とは

 

口輪筋とは?

口輪筋は、名前の通り口の周りにある筋肉です。
口を取り囲むように存在する筋肉で、唇を開けたり閉じたりするときに使う筋肉です。
口輪筋は、口元だけに影響を及ぼす筋肉ではありません。
口輪筋を中心に表情筋があるため、この場所の筋肉が衰えると顔全体のたるみにつながってしまいます。
そのため口輪筋を鍛えることが、老け顔改善の鍵となってきます。

 

口輪筋が衰えると?マリオネットラインとの関係

口輪筋が衰えるとどうなるのでしょうか?
筋肉には、身体を動かすという役割以外に、脂肪や皮膚を支えるという役割があります。
筋肉のないお腹はダルダルと垂れてしまいますよね?同じようなことが顔にも起こります。
口輪筋が衰えることで、口周りの脂肪や皮膚を支えきれなくなり、重力とともに垂れてしまいます。
その結果溝ができてシワが刻まれてしまい、マリオネットラインができあがります。

 

口輪筋の鍛え方

口輪筋を鍛えるには、ペットボトルエクササイズがおすすめです。
ペットボトルに水を入れて、ある程度の重さにしておきます。
まずは100mlで始めてみましょう。そのまま唇だけでペットボトルを持ち上げ、もう無理だという状態までキープします。
このとき、歯を使わないように注意してください。これを数回繰り返せばOKです。

次に、「あいうえお体操」です。
大きく口を動かしながら、あ~おの口の形をつくるだけです。
大げさなぐらい顔を思い切り動かしてあげましょう。
マリオネットラインはもちろんのこと、ほうれい線や二重顎にも効果があるので、顔全体をスッキリとさせることができます。

こういったエクササイズで口輪筋を鍛えるのも良いですが、最近では美顔器による表情筋エクササイズも人気です。
EMSと呼ばれる筋肉運動を行う機能を持った美顔器であれば、楽に表情筋を鍛えることができます。
合わせて美肌効果もあるので、一石二鳥ですね!
両方を活用してあげるのも、相乗効果が期待できます。
自分のタイプに合わせて、続けられそうな方法を試してみましょう。